路地猫のひとり言

胆石バイバイ(備忘録1)

東京、2年ぶりの大雪。
よたよた歩きの下僕が外に出るのは危ないので本日も家でまったり。
時間あるので胆石バイバイを簡単にまとめてみますね。

自分が手術を受けるときに他の方のブログを読んで参考にさせてもらったのと
あとは備忘録として。
猫ネタないので、興味ない方はスルー推奨WW

2017年11月
大好きなフィギュアスケートのオーサーコーチが胆石で緊急手術、のニュースを見て、
やっぱり胆石とっておくかな~と思いたつ。(夏から悩まされてる更年期症状や、翌年春にはまた一人+2匹になるかもとの不安も大きな理由)
11月10日
胆石の腹腔鏡手術に定評のある四谷メディカルキューブを受診しようと電話する。
通常、初回予約まで数週間というところ、偶然にも翌日にキャンセルがあり即受診できることに。
11月11日
初診。体力があるうちに胆石の手術をしたい旨伝える。
これまた偶然枠があり、この日に超音波検査も受ける。
11月18日
MRI検査。軽い閉所恐怖症があるのでかなり緊張。前日はほとんど眠れなかったものの、ヘッドフォンから流れる音楽がツボにはまり(笑)難なくクリア。
11月25日
2回目の診察。胆石は胆嚢内に1つだけ。1.2mm程度と。(人間ドックでは複数と言われていたのであれ?)
どうするか家族と相談してきてと言われたが、すでに決心して受診してるので手術日を翌年1月19日で予約。
12月20日
術前検査。採血、検尿、レントゲン、心電図。
検査終了後、3回目の診察。手術の説明を受ける。腹部にあける穴の数を4つにするか2つにするか選んでと言われる。
痛みや治りの速度はどちらも同じと聞き、手術時間が短い4つを選択。
引き続き、麻酔医から麻酔や痛み止めの説明。硬膜外麻酔はなしと言われてかなりほっとする。
事務スタッフから入院手続きの説明。

2018年1月17日
手術前々日。おへその掃除。お風呂上りにオリーブオイルをつけて綿棒でくりくりするくらい。
1月18日
手術前日。普通に食事。23時までは食べていいとのこと。
1月19日
手術日。手術は9時から。
朝6時に起床、指示通りOS-1を2本少しずつ飲む。同時に猫の世話をしたり、洗濯機を回したり。(7時からは水を飲むのもNG)
寝不足で眠いけどそんなに緊張はしてない。それよりもまた食欲廃絶になってしまった猫が心配。
夫を起こして軽く食べてもらって車で病院に。8時過ぎに到着。(病院ビルの駐車場は患者割引はなし。ただし、2000円前払いすると出入り自由の一日券がもらえて近隣のコインパークに比べてかなり得←夫談)
受付を済ませ、採血をしてから手術室のある4階に移動。書類の確認をして、荷物を夫に預けて手術待合に。(旦那はそのまま病室で待機。寝てたらしい)

待合で同意書の確認、薬剤師から説明、血圧を2度ほど測る(緊張でずっと高いまま)、手術着に着替えて弾性ストッキングをはき、髪をゴムで結んで待つように言われる。

看護師が迎えに来て、廊下を歩いて手術室へ。普通に歩いてたつもりなんだけど、のろのろだったらしく、看護師に「ほらほら!」と背中押されたww
手術室の中でまた同意書の確認。手術台にあがるとバスタオルかけられて、手術着を外される。左手甲に点滴。刺すときはちょっと痛かったけれど針が入ってからは不思議なくらい痛みはなし。「酸素ですよ」「眠くなる薬をいれますよ」と言われながら左手をなでなでされたところでフェイドアウト。

<その2に続く>

[PR]
by rojineko | 2018-01-23 12:56 | 胆石バイバイ | Comments(0)
<< 胆石バイバイ(備忘録2) 退院しました >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
★NYAROさま ひま..
by rojineko at 13:06
★ronmamaさま ..
by rojineko at 13:05
★ねこまんまさま まあ..
by rojineko at 13:04
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧