路地猫のひとり言

Xday前日

とうとう明日はX day。そう親知らずの抜歯です。

今から緊張したってしょうがないんだけど、やっぱ落ち着かない。気分を紛らわせようとハングルの単語整理なぞをしてみました。ここんところ1回の授業で出てくるnew wordsが急に増えて着てたので、単語カードはあっという間に2冊になってしまいました。この3ヶ月でこんだけ勉強したのか~とちょいと嬉しい路地猫です。

が、しかし、これを正確に覚えるのが難しい。何せ発音を日本語のひらがなでイメージしているものだから、微妙な違いが頭に入ってない。ハングルをちょっとでもかじった人ならわかるだろうけど、路地猫が苦手なのがchの発音とch(h)の発音の違い。ハングルを見て読むときは気をつけて発音するけれど、単語を覚えるときにはどっちも「チ」で頭に入っているものだからいざ書こうとするとどっちだかわからなくなってしまうのです。あとパッチムのm,n,ngの違い。これもハングルから発音するときは注意していても単語を覚えるときには日本語の「ン」で頭に入っているから○か、□かLかわからなくなっちゃう。

まあ慣れの問題なんだろうけどな==

ところで明日は9時に受付を済ませて、9時半から抜歯。静脈からの麻酔がきれるまで時間がかかるので午後2時頃に病院を出る・・・という予定です。タクシーで帰るつもりだけど、抜歯したあとでしゃべれるかしらん。うーむ、ちょっと不安だ。静脈麻酔を使うので朝食は抜き。お腹も減りそうだなあ~。
[PR]
# by rojineko | 2005-09-20 16:38 | Diary | Comments(1)

そしてまた・・

連休最終日。昨日のイサム・ノグチ展で結構歩いたせいか2人ともややお疲れ。午前中はのんびりしてランチを食べにまたまた東新宿に出かけました。

今回は、例の「ヨン様一杯」の店はやめて駅近くの「両班(ヤンパン)」という家庭料理の店へ。小振りの小奇麗な店でチマチョゴリのお姉さんが客引きしてました。実はこの間も「入ろうかな~」と思いつつ、「もうちょっと先まで歩いてみようか」でやめた店なんですね。今日は足がお疲れだったこともあって即決で「ここにするか」。

私は「ソルランタン」という辛くない牛スープとご飯のセット。同居人は「これ辛いですよ」とお店の人に言われながらも「ユッケジャン」とご飯のセット。この店、結構辛めらしくて先に隣にいた女性客2人は「もう辛くて食べられない」と言っていたし、私達の後に入ってきたご夫婦もしょっちゅうむせ返っていました。で、ユッケジャン。やっぱ辛かったらしいです~。

そうそう、こないだの店は「ヨン様」でしたがこの店は「クオン・サンウ」だった。というか彼が来日したときに立ち寄ったらしい。壁にサイン入りの実物大ポスターがでーんと貼られてましたわ。あはは。もうこの町で韓流タレントの写真なしの店を見つけるのは不可能なのかもしれないな・・・

で、お味的には、うーん前回の「ヨン様レストラン」のが辛い中にも甘みがあっておいしかったかなあ。今日のお店はツキダシももう一つでした。たぶんリピートはないでしょう。

せっかく東新宿まで行ったのでスーパー「韓国広場」で韓国産の唐辛子を買ってきました。細かい粉末のと荒めのと2種類。これでこないだ買ったレシピ本のタレを作りおきできます。それにしても私は大して使わないだろうと一番小さい袋を買ったのですが、お店にあるのは1キロ、2キロのでっかい袋が中心!それをまたみーんな平気で買っていくんですよ。いやあびっくりでした。
[PR]
# by rojineko | 2005-09-19 12:05 | Diary | Comments(0)

イサム・ノグチ

連休2日目。今日も朝から抜けるような青空!

こんな天気に行くとこじゃなかったかもしれない・・と思いつつも東京現代美術館で始まったイサム・ノグチ展を見に。この美術館、新しいので採光も工夫されているし企画もおもしろいのだけどいかんせん遠い。都内にあるとはいえどこの駅から歩いても15分近くかかるってのはついつい足が遠のきがちなのよね。

今回は東西線を使わずに大江戸線の「清澄白河駅」から歩いてみました。駅を出てすぐに左折すると昔ながらの商店街がずーっと続いているのね。別に大した店があるわけじゃないけど結構楽しい。ちょうど「かかしフェルティバル」なんてのをやっていて道路の両側に子供(?)が作ったかかしがずらーっと並んでました。

さて、15分ほどとことこ歩いてようやく美術館到着。私達はチケットを持っていたので難なく入れたのですが、連休中日とあってかチケット売り場の前には長蛇の列!受付のお姉さんが「1時間はかからないと思いますが・・・」と申し訳なさそうに説明しているのが聞こえてきました。うーん、あそこで小1時間待つくらいなら、外のコンビニで買ってきた方が早いんじゃないのかな、と思ってしまった路地猫でありました。

ところでイサム・ノグチといえば、これまた同居人が北海道にいた頃2人でモエレ沼公園に遊びに行ったことがあります。

これがその公園内にある「モエレ山」。あの頃は公園はまだ未完成だったけど、この山をえっさえっさと登ったのでした~。あの頃君は若かった??

展覧会の方はニューヨークのイサムノグチ美術館の収蔵品が多かったけれど、子供も楽しめるように常時オープンのワークショップがあったり工夫されていましたね。もう少し近かったらお弁当を持って隣の公園でピクニックがてらもう一度行きたいところです。
[PR]
# by rojineko | 2005-09-18 11:45 | Diary | Comments(0)



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
★ronmamaさま ..
by rojineko at 11:33
バロンさん、ひまわりちゃ..
by ひかり at 20:53
いい距離感とってるみたい..
by ronmama at 16:13
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧