路地猫のひとり言

ベネチアの夕方~雨

サンタ・ルチア駅前の水上バス乗り場から、とりあえず「大運河」を通る1番バスに乗ってみる。この路線、主な観光スポットをもれなく通る各駅停車のため人気が高くバス停は人だかり。2台ほど待ってどうにかバスに乗り込み、リアルト橋へ。

リアルト橋-大運河のほぼ中央に位置するアーチ型の橋。東方貿易が盛んな時代から栄えた場所だったらしいが、今は観光客用のおみやげ店とオープンレストランが並んでいる。私達もここで一旦下船して橋を渡ってみる。ベネチアングラスの店が軒をつらねているが、どこもとっても高い!何もかわずに再び水上バスに乗り、サンマルコ広場へ。

サンマルコ広場-大運河を抜けると左手に見えてくるベネチア一番の観光スポット。共和国時代からベネチアの中心地として栄え、ナポレオンに「世界で最も美しい空間」と言わしめた場所。水上バスの乗客のほとんどがここで下船していった。さすがに一番の観光スポットだけあって、広場の周りは人、人、人。人をかきわけないと前には進めない。一通りぐるっと回ったものの、人いきれに疲れてしまった。日も暮れてきたし、1区歩いてアカデミアまで戻り、水上バスでサンタ・ルチア駅に戻った。

さて、今晩の夕食はどうするか?フィレンチェからずっと疲れがたまってきていたCAT、またしても駅前で中華料理店の看板を発見。水上バスに乗っている間から雨も降り始めてきたので、ダッシュで店に駆け込む。駅から3分ほど奥まったところにあったその店は、ベネチアの喧騒とは縁がないような普通の店。中には地元の中国系と、観光客らしいアメリカ人のグループ。アメリカ人の方は、イタリア料理に飽きてしまったのかな。

2人で4~5種類の料理を頼み、22.33ユーロ。物価の高いベニスだからこんなもんか。やまない雨の中、駅前から1番の水上バスでホテル近くのビアジオ駅まで1区乗り、連れの持っていた折り畳み傘でホテルに戻る。びしょぬれの私達を見たレセプションの彼は「ベネチアって素敵でしょ!こーんないい天気で~」とちゃかしてくる。笑うしかなし。部屋に戻って、シャワーを浴びてベッドにばたん。
[PR]
# by rojineko | 2004-10-29 22:10 | Travel | Comments(0)

ベネチア到着

4時前にサンタ・ルチア駅についた。一つまえのメストレ駅で、すぐ近くに座っていた日本人の男の子がNumberを置いていったのを、日本語活字に餓えるジャパニーズの私達2人は目ざとく見つけ、列車から降りる前に無事ゲットした。何だか随分前の号だったんだけど、忘れてったのかな、彼。それとも彼もどこかでこの雑誌を見つけてゲットしたのか(笑)。

さて、駅についた私達、早速予約したホテルを目指す。このシーズン、ベネチアでホテルを探すのはほんとに大変だった。後になってアメリカの感謝祭休暇に重なっていたのも理由の1つだったとわかったのだが、手頃な3つ星ホテルは軒並み満室。普段なら100ユーロ以下で泊まれる2つ星ホテルも11月中旬まではとんでもなく高い。運河には面していないが駅から歩いていけそうな距離に残っていた唯一の3つ星ホテルがHotel Dogeだったのだ。

HPにあった地図によれば、ホテルまでは駅前のリアルト橋を超えて左に行き、少し進んだところで小さな橋を渡り、あとはまっすぐ。「橋2つくらいなら大したことないね」とベネチア初心者の2人は判断し、スーツケースをひいてとことこと歩き出したのだが。

ベネチアの橋は2人が想像していたのとはまるで違ったのだ!そう、それは全てが山口県の錦帯橋のような太鼓橋。スロープなど当然なく、上りも下りも階段だけ。バックパッカーのように背中に荷物をしょっている人ならまだしも、2人分の荷物25キロをおさめた巨大なスーツケースを引いている私達には、これはイジメとしか思えない。スーツケース担当の連れはすぐに大量の汗。普段は地図を見てnavigateするのは彼の役目だけれど、こうなると思考能力は著しく落ちる。なんとかCATが場所を探さなくてはならない。

幸い、2つ目の橋を渡ったあたりで、壁に「HOTEL DOGE」の文字と矢印を見つけた。良かった、あとはこれをたどっていけばいい。5分ほどでホテルのある小道に出ると、いかにもイタリア人の男性が私達の姿を見つけ「ここ?」と指をさした。彼こそが、これから2日間私達をジョークで笑わせ続けたホテルのレセプションだったのだ。入口を入る。ロビーなどない。正面に銭湯の番頭が入るような上げ下げする机があり、左手に階段。何だか嫌な予感。しかも右の棚には「NO CREDIT CARD」の貼り紙。VenereではカードOKになっていたはずだけど・・・

結局、不安そうな私達の表情に気がついた彼がすぐに貼り紙をさして「No problem, no problem. Card Ok!」と言ってくれたので事なきを得たけれど、ここに限らずベネチアではカードを嫌がる店が多かったような気がする。面倒なのがキライなんだろうか?

さて、無事にチェックインを済ませた私達だがまたもや問題発生。なんとこのホテル、エレベータがなかったのだ!レセプションの左手にある急な階段のみが、上にあがる手段らしい。例の彼が「Easy! Easy! Your room is on the first floor!」と笑って言う。ファーストフロア・・・アメリカならば1階だから何も上がる必要はないけれど、ここはヨーロッパ。ファーストフロアは2階だ。手持ちカバンをCATに預け、巨大なスーツケースをえっさえっさと上げる連れ。最初の上がり場にはカプチーノメーカーと食器置き場があった。朝食をこんなところでとるの?次の上がり場を上がりきったところでようやく客室。なんだか壁が薄そうで、山の家みたい。ほんとにこれで3つ星ホテルなんだろうか・・

しかし、このピークシーズンにベネチアの4つ星ホテルにでも泊まったら1泊4万円はしてしまう。部屋はきちんと掃除してあるし、シャワーも新しいものだし、なんとか我慢しよう。

巨大なスーツケースとの格闘で大汗をかいた連れが着替えをするのを待って、2人でサンタ・ルチア駅まで戻り、荷物預かり所を確認。入口ででっかい猫を見つけてなでようとしたら「フー」と怒られた。ご機嫌が悪かったらしい。外の切符売り場で水上バスの1日券を買い、早速運河の旅に出た。
[PR]
# by rojineko | 2004-10-29 22:00 | Travel | Comments(0)

ウフィッツイからベネチアへ

朝7時半の朝食時間と同時にブレックファストルームへ。今日はウフィッツイ美術館の予約が8時15分から入っている。ホテルから美術館までは20分もあれば歩けるはず。

今日はお昼頃の電車でベネチアに向かうので、荷物のパッキングを済ませてホテルを出る。美術館に着いたのが8時すぎ。電話予約した際に指示された通り、3番窓口に行くと、すでに10名ほどの人が待っていた。8時15分すぎ、ようやく窓口があいた。電話で聞いた予約番号を見せてチケットを買う。予約料金込みで1人12.5ユーロ。持っていたガイドブックでは9.3ユーロだったからかなり値上がりしている。6.2ユーロ出してオーディオガイドを1台とイヤフォンを2本借りる。バチカンのような無線システムではなく、原始的なカセットテープだった。

朝早いのでまだ館内はすいている。ガイドブックに従って、見所を探し、テープを聴くの繰り返し。10時半には一通り見終わったのでホテルに戻り、疲れた足をお湯につけて一息する。

ベネチア行きの電車は12時39分発。駅前のPastalia Pizzaliaで軽くランチをとって行こうと11時半にチェックアウトするとなんと外はどしゃぶりの雨。半分濡れながらもどうにか駅までの地下道にたどりつき、雨がやむのを待つが、まるでやみそうにない。仕方がないので、駅構内のカフェテリアでランチ。私が荷物番をし、連れが買出し。待っている間にイタリア人のおじいさんがしきりに「ピーノ、ピーノ」と話しかけてくる。荷物を全部持って警戒しきっている私は固まってしまったのだが、おじいさんは単に「雨だね」と言っていただけだった。

リゾットに巨大なサラダで8.7ユーロ。あったかいリゾットで人心地ついた2人は発着番線をチェックに案内板の前へ。えーと、あれ?何だかほとんどの列車に番線が入ってない。そのうち「××、キャンセル・・・」というアナウンスが耳に入ってきた。どきっとする私。まさかまた?幸いにもキャンセルになった列車は私達の乗るものではなかったけれど、ふと案内板の下を見ると、ああーー!!恐れていた文字が!

Schopero 9:00-18:00

ショーペロ=ストライキ
がーん、よくあるとは聞いていたけれどよりにもよって移動日にストだなんて。ユーロスターは動くのか?どきどきしながら待っていると、5分ほどしてベネチア行きのユーロスターに4番線の文字が出た。やったー。この電車は動くらしい。

12時39分、ベネチア行きユーロスターは遅れもなく出発。3時39分には無事にベネチアのサンタ・ルチア駅に到着したのだった。
[PR]
# by rojineko | 2004-10-29 21:49 | Travel | Comments(0)



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
★ソラパパさま ワンち..
by rojineko at 08:59
★pmarinさま こ..
by rojineko at 08:58
★ひかりさま 久しぶり..
by rojineko at 08:56
カテゴリ
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

♪トンキの輪♪
Tonkinese Times
新アチャノツボ
Minkwin Cattery & Pretty Aki
もなかの庭
AOBA日記
maro*coco*momo
湖猫の日常
monkeyのブログ
トンキニーズぴとのまいにち
はくといとと。
Diary of Initial A Brothers

♪にゃんこの輪♪
猫まんまのひとりごと
おまけ猫との日常
★日がな一日シャム♪♪
SouthEast's Paradise
まめふくもちっ
しっぽナースの日常
うみにゃんとチェリンズ
笑福にゃん~ノルさんず
ねこむらみるくのひとりごと
ご縁がありました~もち兄弟日記
KuMay House
はくえいのおへや
てんてんち
ラテにゃん日記
ペドロ&モンタのお気楽な日々♪
るーだま
田舎暮らしde東京仕事
ネコ。ねこ。猫の子。よく寝る子
+beans+
リコねこ日和
とらたまくろむうこと的生活
♪ふわふわ~てくてく~もぐもぐ♪
What's Michael? That's Michael!
お空の上からエヘヘのへ コモモのたより
ももの樹。

♪鹿児島♪
ひびろぐ@ワンライフ
ビバ専業主婦!
三日坊主様in鹿児島
わん&にゃんずと一緒に

♪福岡♪
ネコすべな日々
さくら咲く黒猫さくら
☆Precious Nyan☆
◆ももるちんチ◆
まりもところものしっぽ

♪フィリピン♪
Happy Maniac


ゆづっちゃん ち→バロンが生まれたキャッテリーさん♪

今日も食べようキムチっ子クラブ→笑いの絶えない韓国家庭料理教室!

にほんブログ村 猫ブログへ
検索
記事ランキング
画像一覧