路地猫のひとり言

<   2004年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリスマスは上海で④


上海最終日。12時すぎのフライトなので、地下鉄とリニアモーターカーを乗り継いで空港まで行こうと計画。

ホテルで朝食をとり、昨日クリーニングしてもらったジャケットを受け取り9時前にチェックアウト。地下鉄で竜陽路まで行き、外に出る。ここから浦東国際空港までは33キロ。リニアモーターカーならばなんとたったの7分で着いてしまうんですね~。ほんとにあっという間に着いちゃいました(笑)。エコノミー50元。安くはないけれど、タクシーで空港まで行けば150元はかかるから、リニアのがちょっとばかしお得だったりします。

浦東国際空港は新しくてとっても立派。でもなんでかな、居心地はあまり良くないのですよ。うーん、いかにも中国的っていうか「IMPRESSしてやるぞー」というメッセージがありありと浮かんでくるような。乗り継ぎでよく使う香港の空港は暖かい感じがするんですけど。

連れはゲート前にあった「あんま機」を試してご満悦でした。

写真は最高速度431キロになったリニア車内。ぼけちゃってます・・・
[PR]
by rojineko | 2004-12-26 09:51 | Travel | Comments(0)

クリスマスは上海で③



上海3日目。クリスマス。今日はホテルで飲茶ランチをする予定なので、朝のうちに豫園へ。ホテルからタクシーに乗って5分ほど。15元もしませんでした。ここは明の時代の役人が、自分の両親を喜ばせるために作ったという庭園。買い物客でごったがえす商城エリアを抜けて庭園へ入り、1時間ほど散策。あまりに寒くて、言葉少なになる2人。韓国のツアー客が多かったですね。

一通り庭を見て、老舗のお茶屋でジャスミンティーを買いホテルへ戻る。11時半、ちょっと早めにランチ。カートに積んでテーブルを回ってきてくれるタイプではないのですが、「お茶とサービス料以外は何をいくつ頼んでもいい」ということなので、ちょっと多めに注文。デザートのエッグタルトが特においしかった~。マニラで食べるエッグタルトとは全然違います!食事中にサンタが私にもトナカイのぬいぐるみをくれました。昨日は子供にしか配ってなかったのに、余ったのかしら?結構可愛いぬいぐるみでまたまたご機嫌。

お腹一杯食べて部屋に戻ったあたりで、ハプニング。うーん、なんだかゾクゾクしてきました。寒い中で庭園を歩いたせいで風邪をひいたのでしょうか?今晩は雑技団を見に行くので無理は禁物。午後は部屋でまったり過ごして夜に備えます。

****
夕方6時。そろそろ夕食に行かないと雑技団に間に合いません。調子がもうひとつだったので、ホテルのレストランで済ますことにすると、ここでまたまたハプニング。お味噌汁を運んできてくれたウエイトレスさんがばしゃっと味噌汁を連れのジャケットにかけてしまいました!

あらら~。代えのジャケットはないし、7時にはホテルを出ないと雑技団に間に合わないし。ムッとしているとマネージャーらしき男性がすぐにランドリーに電話をし、ジャケットを持って走っていきます。結局、30分でフルクリーニングは出来ないけれど、とりあえず着られる程度にしてもらい雑技団から帰ってきたらクリーニングするということになりました。このあたりの対処の仕方はさすがなんですが、そもそも味噌汁をこぼしたウエイトレスは「ソーリー」とは言わなかったのよね~。
どうにか着られるようになったジャケットを着て、上海大劇院へ。大ホールでは「オペラ座の怪人」をやっているらしい。雑技団は中ホール。ホールの中は外国人だらけ。隣に座ったオーストラリア人は東京駐在らしくて「ニホンジン~?」と声をかけてくれましたけど、マニラに住んでいると言うとびっくりしてました。ま、そうでしょうね~。

ところで、雑技団。はんぱじゃなくすごかったです!これ見られただけでも上海に来た甲斐があったというもの。大人から子供まで皆楽しめるというのもいい。すごい技を何気にこなしていってしまうので、途中で「すごさ麻痺」にかかった観客達。最初はちょっとした技でも拍手をしていたのですが、次々に難度の高い技が出てくるので、もはや拍手もせずに見つめるのみ!

2時間のショーはあっという間に終わってしまいました。

ホテルに戻り、連れのジャケットをクリーニングに出して部屋に戻ると2度目のハウスキーピング中。(このホテルは1日に2回ハウスキーピングが入る)それじゃ、と最上階のバーに上がりジャズを聴いていると、レストランのスタッフが現れました。ジャケットを何時に部屋に届けたらよいのかの確認に来てくれたのですが、「どうして私達がここにいるのがわかったの?」と不思議。連れは「ジャケットないじゃ外には出ていけないし、部屋にいなければココかロビーでしょ」とさらっと言うけれど、うーん、そんなもん?

写真は椅子を積み上げてポーズをとっている雑技団。すごすぎー。
[PR]
by rojineko | 2004-12-25 09:49 | Travel | Comments(0)

クリスマスは上海で②

ところで今回泊まったホテルはフォーシーズンズホテル。高層ホテルにしようか悩んだけれど、ホテルのHPで「3泊目無料、飲茶ランチ&1時間のスパトリートメント付き」というお得なプロモーションを見つけてしまったのであっさりフォーシーズンズに。バンコクのフォーシーズンズも快適だったしね。

上海2日目。今日はクリスマスイブ。今回の旅行はとにかく無理をしないでゆったりと・・が2人の共通テーマだったので、朝寝坊してのんびりと朝食をとり、スパと雑技団の予約をとって街へ。まずは地下鉄に乗って東方明珠塔へ。せっかくなので一番上の天空球の展望台まで上ってみる。塔の高さは469M。天空球までは350M。高所恐怖症ではないけれど、かなりクラクラする高さ。残念なのは天空球まで上がってしまうと高すぎて街が雲の下に隠れてしまうことでした。

明珠塔で街を一望したあとは、外灘と浦東を結ぶ水中トンネルの観光隧道へ。何でもないトンネルなのに、内部にカラフルはイルミネーションがついていて、プチ・ディズニーランド?まあ、子供だましですが、上海に来たら一度は乗ってみないとね~。

外灘地区に戻ると1時すぎ。4時からホテルのスパでマッサージの予約を入れているのでさっさとランチをとらなくちゃ、と南京路沿いの中華料理屋で軽めにお昼。隣のテーブルには仕事で上海に来ているらしい日本人男性が上海女性と食事をしていたけれど、雰囲気がマラテの日本人。うーん、上海もなのでしょうか?

食事のあと、南京路の店を冷やかすもとにかく寒い。2人とも外に出ているのが辛くなってきたので地下鉄に乗ってホテルへバック。部屋で温かいお茶を飲んでほっこりです。

4時少し前にスパへ。嬉しくなっちゃうくらいきれいなスパ。ベルガモットの香りでリラックスしながら全身をマッサージ。オイルマッサージだけど、マニラに多いスエーデン式とはちょっと違うみたい。ときどきツボを押したりもしてくれて、極楽極楽。半分眠っちゃいそうなくらいの気持ちよさのあとは、のんびりとジャグジーにつかり、フレッシュフルーツジュースを頂いて雑誌をぱらぱら。気がつくと6時半を回っていました。同じマッサージをうけた連れは、ジャグジーに気がつかなかったらしくて、さっさと部屋に帰っていました。

疲れもとれていい気分。すると、ピンポーン!クリスマスイブのプレゼントです・・とボーイがフルーツケーキを持ってきてくれました!こういうさりげないプレゼントって嬉しいです。
ロビーではクリスマスキャロルの生演奏、サンタさんが子供にぬいぐるみを配っていました。

「ホテルでクリスマスっていいね」とご機嫌だったのですが、1つだけ困ったことが。それはレストランが全てクリスマスディナーメニューになってしまったこと。ルームサービスでならばアラカルトメニューも対応してくれるとのことでしたが、部屋で食べる気にもなれずに仕方なく外で食べることになってしまいました。あのフルーツケーキは「ご迷惑かけてごめんなさい」という意味だったのかしら・・・
[PR]
by rojineko | 2004-12-24 09:47 | Travel | Comments(0)

クリスマスは上海で①



12月23日~26日、フィリピンのクリスマス休暇を利用して上海に遊びにいってきました。マニラから上海まではフィリピン航空の直行便を利用すれば3時間足らずで着いてしまうほど近いのですが、23日の上海便はキャンセル待ちもかけられないほどの混雑ぶり。仕方なくキャセイ航空で香港に飛び、そこからドラゴン航空で上海に乗り継ぐことになりました。

上海に着いたのは夕方5時。飛行機からターミナルに移動した途端に「さむい!」。マニラは30度、上海は10度ですから実に気温差は20℃。普段ねっとりとした熱帯の空気に慣れている私達には鼻から入ってくる空気がバリバリ音をたてるほど乾燥して感じられます。

手荷物だけの旅行でしたので、イミグレを出てすぐに銀行に向かったのですが、ちょうど日本からの便が到着した直後だったらしくて銀行の前は長蛇の列。連れに列に残ってもらい、私は目についたホテルのカウンターに行ってリムジンバスの有無を聞きに行きました。ほんとは、インターネットで予約した時点でバスがないのはわかっていたんですが、ダメモトってので・・・。カウンターのスタッフによると、やっぱりバスはなし。500元のプライベートリムジンならすぐに用意できますよ、との返事。普通のタクシーで行けば150元というからかなり高い。ちょっと悩んで連れと相談。彼は仕事で、私は日本からのゲストの案内で疲れてきっていたこともあって、結局、豪華なリムジンでホテルに向かうことにしました。これならば、空港でお金を替える必要もないし、寒いタクシー乗り場で長時間待つ必要もなし。

ぶつかってもへこみそうもないような頑丈なアメ車のリムジンでホテルまで快適な道のり。それでもラッシュアワーにぶつかったこともあってホテルまでは1時間強。来たことのない土地で、タクシーの中で不安に1時間過ごすことを考えれば500元は高くないよね。おまけに、このホテルリムジンを利用したおかげで、ホテルには私達の到着がきちんと連絡されていて、エントランスに着くや否や日本人スタッフが駆け寄ってきて「お部屋でチェックインさせていただきます」とVIP対応。

とってもいい気分です。チェックインの手続きをしている間にも、ボーイが「アイロンをかけるものがありませんか?」と聞いてくれるし、さすがは5つ星ホテルねとご満悦。

この寒空の中で外に出て行く気合もなく、ホテル内の和食レストランでのんびり夕食をとって快適ホテルライフの始まりです。
[PR]
by rojineko | 2004-12-23 09:46 | Travel | Comments(0)



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧