路地猫のひとり言

カテゴリ:自己紹介( 1 )

路地猫です

(2017年4月9日記)

こんにちは!路地猫です。

2005年3月、3年間のフィリピン駐妻生活がジ・エンドとなり、東京のとある路地裏に戻ってきました。自分の足でどこでも行けるジャパンライフを謳歌しつつも「ああ、メイドちゃんがいたらなあ・・・」と思うことも!

帰国1年後の2006年3月、バロン(トンキニーズ♂)が家族に加わり、人間のハートも、このブログの内容もしっかりのっとられ、
バロンに振り回される路地猫(=1号♀)&2号(♂)のドタバタ生活をつづっています。

転勤族のため、ほぼ3年ごとに各地を放浪しています。2008年9月、はじめての九州、鹿児島へ移動。
ヨガ、シャドーボックス、パンづくり、さらにはミシンで縫い縫い、ハンコを彫り彫り・・・
これまで知らなかった主婦ライフをエンジョイ♪

バロンは2008年の12月に初期の心筋症かもと言われ、飼い主どっきりしましたが。

2010年4月に鹿児島から福岡へ移動!ちょっぴり都会になった新天地では和菓子、韓国料理なぞなぞ習いながら、縫い縫いの技も磨くべく、まったり主婦ライフをさらに謳歌。

2013年7月。5年ぶりに東京の路地裏へ。
引越し疲れで、飼い主がいきなり熱中症で10日間の入院という波乱のスタートになった東京ライフは、さらにバロンの腎臓&膀胱結石の発覚で大波乱。
点滴通院、入院、またまた点滴通院・・・とどうなるかと思いましたが、
ようやく落ち着いておうち点滴を開始。

2015年4月に突然の2号(♂)の秋田異動!
バロンの体調を考えて東京と秋田のバラバラ生活が始まりました。
みんなそれぞれにちょっとずつの寂しさを我慢しながら頑張って

2016年9月、いつもの台風不調かと思われたバロンが、
膀胱結石と尿道狭窄でおちっこが出なくなり、腎数値が急に上昇。
人口透析8回と手術2回を乗り切って、再びおうちに帰ってきてくれました。

そして、2017年4月、2号(♂)の単身赴任が終了し、東京での2人+1匹ライフが戻ってきました。


[PR]
by rojineko | 2005-10-14 08:24 | 自己紹介 | Comments(0)



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
あはは( *´艸`) ..
by Mew at 22:18
2匹とも相性良くなりまし..
by MINKWIN at 21:43
路地猫様 ハハハ~..
by コモモおかあちゃん at 18:22
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧