路地猫のひとり言

カテゴリ:Travel( 95 )

阿蘇・天ケ瀬まったり旅行~内牧温泉ZENZO~

それでは本日の御宿へと参りましょう。
今回の旅行はゆっくり、まったり・・・そしておいしいもんを食べるっ!がポイント。
一日目は「じゃらんネット」で見つけたスローフードが売りの内牧温泉ZENZO
チェックイン4時、アウト10時とお宿にいられる時間がちょこっと短いので、滞在時間をめいっぱい使えるように4時ジャストにチェックイン!
(・・・がすでに結構他のお客さんが~)

こちらの御宿、古民家風の造りでフロントからして変わっています。
e0007273_1029759.jpg

わかるかな?泊まり客は小上がりのお座布に座って和紙をつづった台帳に名前と住所を「筆ペン」で書くのです~。(慣れんので超へたくそに)

More
[PR]
by rojineko | 2010-08-16 16:34 | Travel | Comments(0)

阿蘇・天ケ瀬まったり旅行~これぞ阿蘇っ!~

おいしいお蕎麦でお腹が満ち、路地猫の車酔いもおさまったところで阿蘇・外輪山をずんずん登る!

阿蘇ロープウエイで火口を見て、
草千里で馬を見て、
e0007273_1715469.jpg


More
[PR]
by rojineko | 2010-08-16 13:12 | Travel | Comments(6)

阿蘇・天ケ瀬まったり旅行~スタート~

福岡に来て最初の夏。遅めのお盆休みをとった2号(♂)と念願の阿蘇にドライブです。
雨女と雨男のペアはこれまで数々の嵐を招いてきたけれど、今回は珍しく快晴のスタート♪

大宰府ICから九州道に入り熊本方面へ。Uターンラッシュは終わっているはずだけど車の量は多いです。
今日はまず南阿蘇のお蕎麦屋さんでお昼を食べて、そこから北上してロープウエー、草千里に立ち寄ってから北阿蘇のパワースポット阿蘇神社に行く予定。ナビがないので道を間違えんようにと地図とにらめっこしてたら酔っちゃった(涙)。慣れんことするもんじゃないです・・・

さてさて、お蕎麦。「阿蘇白川駅」近くの名水で有名な明神池の前にある「明神そば」さん。

e0007273_12442171.jpg


More
[PR]
by rojineko | 2010-08-16 12:30 | Travel | Comments(0)

由布院④

猫屋敷をみて満足した二人。
今回の旅はとにかくのんびり・ほっこりがモットー。
ささっと金鱗湖を見て、タクシーで今日の宿へ移動。
e0007273_12295321.jpg

金鱗湖・・・朝霧でもやっていたらきっと素敵なんでしょうね。

今回のお宿は「山のホテル 夢想園
由布院駅近くの繁華街(?)から少し離れているのだけど、ここのお風呂は「じゃらん」CMで流れたくらい有名で、かつ、否定的なクチコミがほとんどない稀な宿。
ぼーっとしていてほとんど写真をとらずに過ごしてしまいましたが、車寄せから緑に囲まれた素敵な宿でした。

フロントで名前を告げると女性スタッフが露天風呂の場所、食事処などなど丁寧に説明してくれながら部屋まで案内し、部屋でお茶まで入れてくださいました。
うーん、気分は「どんど晴れ」?
・・・と思っていたら、さらに「部屋付き」スタッフさんが別にいらしたのですよ。
若い男性の方だったんですが、すごく感じがよくて夕食に食事処に出向くと給仕はすべてこの方がしてくださるし、翌日の朝食の手配や、布団をどうするかなどなど面倒を見ていただきました。

旅館って時間が自由にならないから苦手だったんですけど、たまにはこういう至れりつくせり(上げ膳据え膳)も悪くないですね
e0007273_12404799.jpg
e0007273_1241450.jpg

(雲がかかった由布岳)
e0007273_12411632.jpg

部屋からの眺め3連発!
露天風呂からも同じ景色が見られます!
[PR]
by rojineko | 2007-09-27 12:42 | Travel | Comments(12)

由布院③

artegioでさらにほっこりした2人。坂道を下って金鱗湖まで。
途中、こんな可愛い壁を見つけたり・・・
e0007273_18235619.jpg

誰でも使える足湯があったり・・・
e0007273_18241945.jpg


ぽよぽよとしながら歩くこと15分。
9月とはいえ、まだ汗ばむ陽気にちょっとお休み。
e0007273_18254375.jpg

とり屋さんで売ってた「黒糖ソフト」(250円也)。
おいしいものをちょっとずつ食べたい私らはアイス系は「1つ買って半分こ」なのだけど
店主のいきなはからいで(?)1人1個ずつゲット。
(「いやあ、1個目失敗しちゃったからさ・・・」)
嬉しいのか悲しいのかビミョー、ははは。

ともあれリチャージもすんで次の目的地を発見。
その名も「猫屋敷
猫ラブな2人が見逃すはずはない!!
1階で買い物をすませ、2階に上がると生ニャンコ!
1匹・・・
e0007273_1833408.jpg

2匹・・・
e0007273_1834120.jpg

3匹・・・(しっぽが立派!)
e0007273_18342832.jpg

あ、こんなとこにも!
e0007273_18345618.jpg

お昼寝タイムでみんなぐっすりです。
にしてもバロンに比べてビッグな仔たちだこと・・・
[PR]
by rojineko | 2007-09-26 18:35 | Travel | Comments(0)

由布院②

無量塔までやってきたもう一つの理由が空想の森美術館「artegio
ここは音楽にまつわるアートを集めた小さな美術館。
e0007273_20515266.jpg

明るい室内にはちょうど坂本龍一のピアノが流れていて、大竹伸朗の作品が展示されていました。実はこの日までこの作家のことは知らなかったんですが、明るくてやさしい絵。
のんびりしたくて由布院までやってきた路地猫たちにぴったり。
e0007273_20554763.jpg

絵をゆっくり見たあとは、ライブラリーで何冊も本を読み、ほんとにゆったりした時間を過ごしました。(だってソファの座り心地がよくって・・・)

懐かしい武満徹の楽譜を見つけたり、サントリーホール館長さんのエッセイ、猫や犬のアンソロジー、そして今回の主役大竹伸朗さんの絵本。
「ジャリおじさん」というその絵本、2号(♂)がショップでご購入。
e0007273_2104456.jpg

なんでも最後に「~ジャリ?」とつけるジャリおじさんが、ピンクのワニと一緒に青い神様(=海)を見つけにいくというお話。2人とも何だかはまってしまって旅行中の会話が「~ジャリ?」となっていたとかいないとか(爆)
[PR]
by rojineko | 2007-09-25 21:01 | Travel | Comments(0)

由布院①

忙しくて夏休みもとれなかった2号(♂)のお疲れ休みを兼ねて、のんびり小旅行に行ってきました。行き先は大分県・由布院温泉。

羽田から大分までわずか1時間20分。飛行中は雲ひとつないくらいの晴天で、窓際を陣取った2号(♂)は大喜び。ずーーっと外をのぞいては「××川が見える!××山が見える!」と大騒ぎ。確かに富士山を真上から見たのって初めてかも・・・

空港からはバスで由布院駅前まで1時間。今回の宿は駅から離れたところにあるので、「チッキ」サービスを利用して荷物を宿に運んでもらい(500円也)、タクシーで「不生庵」へ。
e0007273_20345490.jpg

実はここ、有名な旅館「無量塔(MURATA)」にあるお蕎麦屋さん。平日で人も少なく、のーーんびーーりとコシのあるおいしいおそばを頂きました。
e0007273_20371429.jpg

店内に飾ってあったお花をパチリとしていたら
e0007273_20382877.jpg

ご主人がきて、花の説明をしてくださいました。
ワレモコウ・・・そういえば昔、お華を習っていたときに使ったような気もするのですが
すっかり忘れていました。店内のお花はみな、近くでとってきたものだとか。

大分っていえば「ゆずこしょう」ですが、この店にあった「黒七味」は香りが抜群。
これもご主人にお聞きしたら、京都の原了郭というお店でだけ出している七味なんだとか。

お腹の虫もおさまり、なんだかホワホワいい気分で外に出ると曼珠沙華。気温は30度近いけれど秋なんですねえ。
e0007273_20435087.jpg

[PR]
by rojineko | 2007-09-25 16:03 | Travel | Comments(0)

アンニョンソウル仁寺洞~清渓川

5月5日、この日は予めの予定はなし。前日と同じくホテルレストランで朝食→2号(♂)は大風呂でさっぱり。天気予報では雨だったので傘を片手にホテル出発。

ホテル近くの店で2号(♂)のメガネを注文したのち、地下鉄を乗り継いで仁寺洞(インサドン)へ。ここは東京なら浅草の仲見世、京都なら新京極といったおみやげ通り。韓国もオリニナル(子供の日)の祝日で兵役に出ている若者も休日なのか、外国人に混じって現地カップルが多い。

e0007273_23343450.jpg

しばらく店を冷かしてから、目的の餅カフェ「チルジル」へ。日本風にいえば「まんじゅうカフェ」だろうか?こじゃれた店で韓国の伝統餅菓子とお茶をいただける。

e0007273_23364242.jpg

悩んだが、路地猫は和菓子風の菓子を2つ。2号(♂)は餅サンドイッチをチョイス。和菓子風のはさっぱりとした甘さ。餅サンドイッチは甘くなく、まさにサンドイッチ。おもしろい食感。
e0007273_23385163.jpg

お茶は菊花茶にしてみた。

このあとサムゲタンランチが控えていたため長居できなかったが非常に落ち着くよい店だった。
そういえば私達がいる間に塩らしきものをスタッフが必死に撒いていたのだが、何の意味だったのか?日本の客商売ではしないと思うのだが・・・

1時間ほど仁寺洞を楽しみ、通りの北側の駅「安国」から地下鉄に乗り1区。「景福宮」駅下車。右手に宮殿の塀を見つつ、5分ほど歩いて目的の「土俗店」到着。
e0007273_23471957.jpg

ちょうどお昼時で店の外まで人が並んでいたが、昨日から楽しみにしていたので頑張る。

意外にも回転が早く、10分と立たずに店内へ。普通の「サムゲタン」と烏骨鶏の「オグルゴゲタン」を注文。
e0007273_23532083.jpg

手前がサムゲタン、奥がオグルゴゲタン。
オグルゴゲタンは骨まで真っ黒。少々見た目は悪いが肉の味が濃く絶品!
お腹がはちきれんばかりに大満足した2人。

ランチ後は別行動の予定だったが、お天気もよいので清渓川散策をすることに。
[PR]
by rojineko | 2007-05-13 23:41 | Travel | Comments(0)

アンニョンソウル⑤板門店

5月4日。ソウル二日目。ホテルレストランで十分すぎる程の朝食をとる。10時15分に向かいのロッテホテル集合で時間もあるので、路地猫はロビー階のPCでメールチェック。2号(♂)はホテルジム内の大風呂でさっぱり。

10時すぎに集合場所へ赴くとパスポートと予約確認書をチェックし、10時20分に再集合と。座るイスもないのでロッテホテル内を探検。豪華ホテルだけあってきらびやか。ただ、あちこちでビジネスショーを開いていて人の出入りは激しい。免税店を冷かし、携帯の時計で20分に戻ってみると集合場所は空っぽ。ちょうどバスへ移動したところらしい。集合場所の時計は25分を指していた。時計が狂ってたのか?すぐに別のスタッフが案内してくれてバスへ。

この日のバスは2台。私達の1号車は日本人客と英語客の混載。ガイドも2人乗り込み、交互に説明。お客の数に比例してか、英語の説明は短かったような気もする。

市内を出て、高速道路に乗り漢江(ハンガン)が見え始めると、川岸には鉄条網が張られところどころに兵士の見張り場所が建っていた。やはりこの国はまだ戦争中なのだと思い知らされる。バス内の説明は、朝鮮戦争から休戦、北朝鮮との交渉・・・とかなり詳細になされ、「この休戦は韓国が望んだことではありません」「休戦協定に韓国はサインしていません」「北朝鮮がなくなればいいと思っている方も多いでしょう。でも、北朝鮮がなくなるときっとそこに中国が入ってくるでしょう。」とガイド。さすがに今日は単なる観光でなく、勉強にきた気分がした。

バスに乗って1時間して「統一展望台」到着。爆睡の2号(♂)も起床。お決まりの集合写真を撮り、ガイドとともに中へ。
e0007273_18494287.jpg

これ、わかるだろうか?国境付近の模型図。真ん中を流れるのが漢江(ハンガン)。下の陸地が韓国サイド、上が北サイド。手前の広いところの川幅は3キロ以上あるものの、右上のもっとも狭いところでは460メートルしかない。
e0007273_18542573.jpg

朝鮮半島の地図。黄色線が現在の国境だが赤線こそが「韓国人にとっての真の国境」とガイド。思わず「おおーー」と声があがるツアー客。

このあと、北朝鮮の歴史や生活の説明を受け約20分の自由行動。北朝鮮の商品も売られていたが特に何も買わずバスへ戻る。

10分ほどで昼食。板門店ツアー客用に作ったのか、数軒のレストランの集まる場所に移動しプルコギビュッフェランチ。バス2台が同時到着したため、ごった返すが味はまずまず。早めに食事を済ませ、コンビニで水分とチョコ、飴を買い再びバスの人。いよいよここからが本当の板門店!

ガイドの説明によれば、現在の板門店はオリジナルではないとのこと。もともとの板門店は北朝鮮サイドにあるのだとか。20分ほど走り、検問。マシンガンを抱えた兵士がバスに乗り込み、事前登録されたパスポート番号と所持パスポート番号を照らし合わせていった。狭いバス通路を進むたびにマシンガンがいすの背に当たり、どきりとする。

無事検問が済むと国連キャンプ内へ。ここで再びパスポートチェック。国連の兵士がバスに乗り一人一人確認する。ふと、窓の外を見るとテニスコートで兵士が白砲弾らしき装具の組立練習をし、別の場所からはマシンガンが私達のバスを狙っていた(!)

パスポートチェックが終了すると、バスを下り国連施設内で署名&説明。日本人客が大半なのでメインの説明は日本語、英語客は後ろに集まり担当ガイドが遅れないように必死で説明していた。ちなみに署名とは「何があろうと国連、ツアー会社は責任を負わない」という内容。帰りに記念として書類をもらってかえった。ここからはツアーバスでなく国連バスで移動。カメラと貴重品以外は持ち込めず、ドライバーも国連スタッフに代わり、ガイドと一緒に銃を抱えた国連兵士も同乗。

バッジをつけガイドと一緒に2列に並んだ粛々と撮影ポイントへ。
e0007273_19404577.jpg

こうしてカメラを向ける私らを、
e0007273_19411120.jpg

北はこのビルから見てるのだとか。
e0007273_1941371.jpg

軍事停戦委員会の会談場所。一番右手、白が北側建物。青は国連建物。
e0007273_19441971.jpg

建物内部。黄色線の手前は国連サイド。向こうは北サイド。マイクワイヤが国境がわり。
中の兵士は微動だにせず。

緊張の会談場所見学が終わると、バスで移動し「帰らざる橋」へ。
e0007273_19484739.jpg

亡命者を出すわけにはいかない・・とバスからの下車はご法度。

バス乗り換え地点まで引返し、トイレ休憩&おみやげタイム。我先にと買いに走る日本人客に「しょうがないよ、日本人だもん」と英語客がぼそっとつぶやいてたが、このバスツアーの仕掛け人は他ならぬアメリカなのだけどね。(=ガイド談)

もとのバスに乗り込み、一路ロッテホテルへ。渋滞にもあわず日の高いうちにウルチロ到着。
[PR]
by rojineko | 2007-05-11 11:07 | Travel | Comments(6)

アンニョンソウル④ソウルタワー~NANTA

ホテルから賑やかな裏通りを通って明洞まで5分。そこからはソウルナビの打ち出しを頼ってケーブルカー乗り場へひたすら坂道を歩く。結局乗り場まで20分は歩いたか、乗り場に着いたら汗だく。とても帰りも歩けそうにない・・と往復チケットを買わずに片道のみ購入。往復のが明らかにお得なので他の乗客はみな往復を買っていたが、あえて考えないことにした!

e0007273_10192259.jpg

窓からの眺め

かなりギュウギュウに乗客を詰め込んで出発したケーブルカーはあっという間に頂上に着くもののそこからタワーへはまた階段。ソウルの人はみな健脚なのかね・・・

せっかくなので展望台へあがる。ここでもソウルナビの割引クーポンが役に立つ。ナビさまさま。

e0007273_10242768.jpge0007273_10244127.jpg
e0007273_10245513.jpg

ここでゆっくり食事をしてタクシーでNANTA劇場に直行するつもりが、環境対策でタワーまでは乗用車が上がれないことが行ってみて判明!現地でもらったパンフから「南山循環バス」で下山できそうなので、バス停まで坂道を下りまっ黄っ黄の「2号バス」にT-moneyで乗車。新緑を楽しみながら「ソウルアニメーションセンター」バス停で下車し、明洞へ歩く。

e0007273_10303928.jpg

これ、何のキャラなんだろ?

明洞~ウルチロを北上し、ガイドブックにあった黒豚専門店でサムギョプサル(豚の三段バラ)とその店のウリというドジョウ鍋を食す。味は・・・・ビミョウ。リピはないな・・・
時間も押していたので、さっさと店を後にしウルチロから地下鉄を1駅乗って市庁駅。そこから石畳の道を10分ほど歩くとNANTA劇場。日本人に人気のあるパフォーマンスですでにロビーには人が大勢。期待も高まる!
e0007273_1035952.jpg


午後8時、予定通り開演。正直、朝5時おきの余波で最初は眠気との戦い・・・がそのうち笑いでお腹がよじれ、目に涙。文句なく楽しめました。
e0007273_10385329.jpge0007273_1039593.jpg
9時半すぎ、大満足で劇場を後にして再び石畳の道を歩き市庁前の広場を散歩しながらウルチロへ。夕方目にとめていた有名ドーナツ屋でオリジナルグレイズドを2つ買い、満ち足りた気分でホテルへ戻った二人です。

明日は一日、板門店へバスツアーだ!

e0007273_10423069.jpg

東京なら2時間待ちもザラなドーナツ屋。ソウルは支店も多く、待ちはほぼゼロ。
ミスドより軽くてパクパクいけそう。
[PR]
by rojineko | 2007-05-11 10:29 | Travel | Comments(5)



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
★ronmamaさま ..
by rojineko at 18:04
ロンちゃんもあごにきび ..
by ronmama at 09:17
★ronmamaさま ..
by rojineko at 11:33
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧