路地猫のひとり言

カテゴリ:Diary( 2086 )

豪勢なお帰り


米国で行方不明になったネコが約1か月後にフランスで見つかり、無事に飼い主の元に戻った。

 奇跡的な帰還を果たしたのは、米中西部ウィスコンシン州アプルトンに住む一家が飼っていた雌ネコのエミリー。9月下旬に姿を消したままになっていたが、10月24日、フランス北東部ナンシー郊外の工場でやせ細った姿で見つかった。身元は首に着けていた標識から判明したという。自宅近くの製紙会社配送センターでコンテナに迷い込み、そのまま船で大西洋を渡ったらしい。

 発見されたネコはすぐに元気を回復。1か月の検疫期間を終えた後、航空会社が提供したビジネスクラスの席に座って空路帰国し、1日に飼い主と再会した。

****
ビジネスクラスでお帰りとは豪勢ですなーー。
しかし、この映像から「やせ細った」という感じは全然しないのだけど。
1ヶ月の検疫期間の間にたらふく食べたのでしょうか?(笑)

それにしても実家の猫にそっくりです。
[PR]
by rojineko | 2005-12-04 18:10 | Diary | Comments(2)

ハングルランチ


ハングルレッスンの後で、ソンセンニム(先生)とクラスメイトとでカムジャタンを食べに行きました!

じゃがいも、ハフハフ、まいう==です。
ソンセンニムが注文してくれた季節限定の「カキのあえもの」もあまずっぱくておいしかったし。

ワイワイガヤガヤ女ばっかでランチするのも日本では久しぶり。年齢も仕事もばらばら。話題がくるくる変って楽しいよ。

あと2回でコース終了だけど、楽しいので継続するつもり。ヨルシミ、コンブハゲッソヨー!(いっぱい勉強するぞー)
[PR]
by rojineko | 2005-12-03 17:05 | Diary | Comments(2)

げげ!

1ヶ月くらい前から、ときどきお風呂場にちっこい虫が出ることがあったんですよ。

別に人間を刺したり攻撃したりすることもなくて、ただ壁に止まっているだけなんですが、放っておくと1ダースくらいへばりついていたりして、虫嫌いな路地猫は「限界許容量」を越えそうになると殺虫剤で退治していました。

でも、また1週間くらいすると出てくるんですよ、この虫。

なんで・・・?

換気口から入ってくるのかしらん・・・
中で湧いてる・・・?

さすがに気になって昨日ネットで「風呂場、虫」で検索してみたら、ががーーん、「チョウバエ」とかいう害虫だと判明!!

集めた情報に寄れば、「ガ」に見えるけど「ガ」ではなく「蚊」の一種。人は刺さないけれど、放っておくとどんどん増えてしまうらしい。お風呂の排水溝にたまった水に幼虫(うじ!)が繁殖してしまった模様。

ひえーーーーん。
「うじ」と一緒にお風呂に入っていたなんて・・・・

よくよく考えてみると、1ヶ月ほど前にテレビで「お風呂に炭を入れるとデトックス効果がある」という番組を見てから、炭の入ったでっかい袋を風呂桶に沈めていたのです。そして炭を入れておくと、水があまりにごらないので、それまでは毎日入れ替えていた桶の水を数日置きにしか替えなくなっていました。(といっても髪を洗ったり、洗濯に使ったりもしているので半分くらいは入れ替わっているはずなんですが)

これ、水道代の節約にもなっていたのですが、大量の水を一気に流すことが頻繁でなくなっていたために排水溝によどみが出来ていたんじゃないでしょうか?

うまくいかないもんだ・・・・

とにかく虫と一緒に生活する気はさらさらありませんので、さっそく朝、風呂桶の水を流し、排水溝も掃除してみました。この虫を退治するには「掃除」しかないらしいです・・・パイプスルー買ってこなくっちゃ。

ちなみにこんなヤツです。

[PR]
by rojineko | 2005-12-01 10:57 | Diary | Comments(2)

アレグリア2



アレグリア2東京公演最終日!まさに千秋楽を見てきました。

いやあ、楽しかったなーー。

アクロバティック的には上海雑技団の方が上だけど、さすがにラスベガス仕込み。衣装、音楽、ライティングが絶妙で、夢を見てるみたいでした。開演前や休憩中も、客席にピエロが下りてきてちょろちょろといたずらしたり、観客をあきさせない工夫が一杯。

今度は本場で「プール」を使ったショーが見てみたいなあ。

そうそう、千秋楽なので入場時に1人1本ずつスティックライトを渡されました。最後のパフォーマンスが終わったところで皆一斉に点灯。きれいでした。

これ、私のお気に入り。ぴんと張ったワイヤーでなく、たるませたワイヤー(!)の上で斜めに載せた梯子に載ったり、倒立したり。


これはフライングマン。バンジージャンプに使うようなゴムを使って跳躍したり、ツイストしたり。最後にゴムをウエストにぐるぐる巻き始めたからどうするのかと思ったら、ゴムごと吊るされて天井あたりからぐるんぐるん回りながら落下!迫力すごかったです。
[PR]
by rojineko | 2005-11-27 21:07 | Diary | Comments(1)

構造設計

さっきハングルレッスンから帰ってきたら、マンションの掲示板にこんな貼り紙が↓

「当マンションの建設にあたり、姉葉設計事務所が一切関与しなかった事実が判明しましたのでお知らせします」

例の事件以降、「うちは大丈夫かなあ」と漠然と思っていたのでとりあえずほっとしました。
とはいえ、姉葉設計士だけが悪徳設計士のはずはなく、きっと埋もれている問題設計マンションは数え切れないほどあるんでしょうね。

もちろん買う側も自分の責任でチェックをする必要はあります。私達も更地にモデルルームだけという販売方法をとっているマンションは除外して探しましたし、建設中も何度か様子を見に来ました。それでも、そもそもの設計段階での詐欺はよほどの専門家でないと見抜けないし、イーホームのように「第三者機関」が確認済みだと言われれば信用してしまうでしょう。

「民間委譲」を望んでいたのは税金を納めている国民の側なので、ワイドショーのキャスターが言うように「こんな大事なことを何で民間に任せたんだ」とは思いませんが・・・
[PR]
by rojineko | 2005-11-26 13:24 | Diary | Comments(3)

お買い上げ



前々から気になっていたこのCDをようやくアマゾンで買いました。
壮大なスターウオーズのBGMをなぜかウクレレとリコーダーでカバーしちゃったアルバムです。最高なのはウクレレ版の「ダースヴェーダーのテーマ」、通称「やる気のないダースヴェーダー」!
もう、脱力・・・・・

ついでにこれも買っちゃいました。

e0007273_18345899.jpg


CD2枚にDVDもついてお買い得==
[PR]
by rojineko | 2005-11-25 18:29 | Diary | Comments(0)

何にしましょ

近所の八百屋で「かりん」を売ってました。
昨日からのどが乾いている感じがするので、ついつい「のどにいいんだよねー」と買ってきたのですが、はて、このかりん、どうやって食べましょう?

ネットで検索してみると「かりんのはちみつ漬け」「かりんシロップ」「かりんジャム」などいろいろ見つかりました。

薬効を考えると中の種をとらずに「はちみつ漬け」が一番良さそう。(かりんの皮と種に喉にいい成分があります)
でも、今から作っても飲めるようになるのは1ヶ月後!

シロップやジャムはすぐに使えるけど、種をとらないと苦いらしい。

むむむ・・・
どうしよっかな。

完成作品できたらアップしますね。
[PR]
by rojineko | 2005-11-25 13:05 | Diary | Comments(0)

どう思いますか?

読売新聞の「ぴーぷる」という仕事情報誌にこんな記事が載ってました。

*****************************

「仕事辞め、夫に同行」857人中31%・・・海外駐在員の妻、対象に調査

労働政策研究研修機構がまとめた「第6回海外派遣勤務者の職業と生活に関する調査」で配偶者の31%がそれまでの仕事を辞めて海外派遣に同行していることがわかった。海外駐在員の妻にとっては、自分の再就職が子供の教育に次ぐ大きな問題のようだ。

調査は1989年から実施し、今回初めて配偶者へのアンケートを行った。仕事をしていた配偶者のうち48%が正社員として働いており、20歳代では7割強に上った。

配偶者が仕事を辞めることへの補填やサポートは日本企業ではまだほとんどなく、赴任先での配偶者の就労もビザの問題もあって3%と極めて少なかった。北米に同行した40歳の女性は「男性と同じ待遇の平等な職場で働くことを考えて進学、就職したのに、夫の会社の人事異動で自分の人生まで変更を余儀なくされた」と自由意見で述べている。

******************************

路地猫の場合は、会社勤めではなかったけれど同居人からフィリピン転勤の話をもちかけられたときには大分悩みました。いろんな人に相談し、背中を押され、それでもやっぱりギリギリまで踏ん切りがつかなかったな。赴任してからもそのあまりの「何もやることがない」生活にすぐに爆発して、自分のガス抜きのために何だかんだと理由をつけては帰国してた。

同じ駐在者の配偶者でも、国際機関だと(例えばフィリピンだとADBとかね)ビザで問題がなくて就労できていたりして、これもまたすごく羨ましかった。

まあ、結局は同居人に「ごめんなさい」をして日本に残って1人働く勇気もなく、フィリピンで配偶者ビザから抜けて独立したビザを取得するほどの気概もなかったわけだから、「隣の芝生は青い」とばかり言っていては仕方がないのだけれどね。
[PR]
by rojineko | 2005-11-22 16:19 | Diary | Comments(5)

お久しぶりです

更新が滞ってすみません。
仕事と、仕事関連の人間関係ストレスでとてもブログまで手が回りませんでした。
今回の教訓は、「知っているつもりの人でも実はわかっていないこともある。」「同業者だからといって皆が同じスタンスで仕事をしているわけじゃない」ってことかな。

まあ、仕事の内容について詳しくはブログに書けないので、これだけ読んだ人は「はあ~?」と思われるでしょうが・・・

前にいつか路地猫は会社で働いているのではなく、フリーランスで仕事をしてると書いたことがあると思います。今回のゴタゴタを一言で言えば、同じフリーランスで働く知人をなじみのお客さんに紹介したら、どうしてここまで話がもつれるの、というくらいにこじれてしまったわけです。当然間に入った私は振り回され。最初はちょっとした誤解だったんです。その誤解を解こうとしているうちに、知人の方が妙に意地を張ってしまい、結果としてお客さんの中の「味方」にまで大きいな迷惑をかけてしまっていて。

はあああ・・・・


本田美奈子のCD、ようやく届きました。2枚ともいいんですが、路地猫はこっちの「時」の方が好きです。癒されます。
[PR]
by rojineko | 2005-11-20 16:30 | Diary | Comments(2)

ストレス発散・・・したいなあ

ここんところストレス溜まってます。ふう・・・

リゾートでも行きたいなあ。

フィリピンにいたときは「こんな、何もすることのないところにいたくない!」って思っていたのに、最近は「なーんにも考えずにただぼーーっとしてたい」と思ってしまう。欲張りですねー。

そうそう、明日はいよいよサーヤの結婚式です。この数日ずっと読売新聞に特集コラムが載ってます。まあ、こういう方々の悪口が載るはずもないのですが、それを差し引いても結構好感のもてる方なんだなと思うのでした。披露宴には長年自分を守ってくれたSPさんも招待したとか、家探しに自分が出て行くと先方が困るだろうとスタッフに任せるつもりだったとか。家探しの方は、結局スタッフが「資産なのだから自分の目で」と説得し本人が見に行ったそうですが、日当たりのいい南向きでなく北向き(こちらだと森だか山だかに隠れてプライバシーが守られるらしい)を選んだとか。

披露宴に黒田さんの上司として石原都知事も出席するってのには笑ってしまいましたが・・・

e0007273_20342817.jpg

近くの薬局で980円で売ってました!
空気を入れるのに20分くらいかかり、腕がつりそうでした。
ストレス解消になるかなあ。
(ダンベルは同居人専用です。私には重すぎ)
[PR]
by rojineko | 2005-11-14 20:32 | Diary | Comments(3)



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧