路地猫のひとり言

カテゴリ:Health(腎臓)( 132 )

帰宅

バロンを病院に残して人間だけ帰宅しています。

危惧していた通り、腎数値が跳ね上がっていて
初回の数値よりもさらに悪くなっていました・・・
石があるので、一度下がってもまた上がってしまうようです。

処置として、点滴しかないのですが
わたしが昨日の夜、ほとんど眠れていなくて
動物病院で軽い貧血を起こしてしまったのもあり
病院で静脈点滴をしてもらうことにして預けて帰ってきました。

夕方、様子を見にいって、
針をつけたまま家に連れて帰るか
もしくはそのまま入院させるか改めて相談します。

とりあえず、夕方まで少し寝て体力を復活させないと・・・
猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-09-02 12:26 | Health(腎臓) | Comments(10)

不調・・・涙

小康状態になったかと思ったバロン。

夜中じゅう、ずっと泣いては吐くの繰り返し・・・
飼い主も眠れなくて頭が朦朧ですが
9時に病院開いたら連れていきます。

詳しくは戻ってから。

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-09-02 08:38 | Health(腎臓) | Comments(0)

暑いからなあ&里親募集

昨日からの暑さがこたえたのかなあ・・・

今朝のバロンは、
ベランダ散歩をしたあと
押入れにこもったままです。

e0007273_8224396.jpg

ここにいるときは
あまり調子がよくないんだよね。

昨日の点滴通院で、落ち着いているから
次回、血液検査をして点滴の間隔を再考しましょう
って話をしたばかりだけど。

とにかく、今日はゆっくりおやすみね。

****
福岡市藤崎商店街に「ちりきらルーム」という
ペット同伴カフェがあるのですが
そのカフェが入っているマンションで
飼い主さんが急死されて5匹の猫が取り残されてしまっています。

みんな成猫ですが毎年ワクチンも打ってあり
きちんと健康管理もされています。
(特に問題のある子はいません)
福岡でなくてもおうちを見つけてあげたいと、ちりきらルームさん
がんばっています。
詳しくはこちらへ
http://chiririkun.blog129.fc2.com/blog-entry-1338.html

情報拡散、よろしくお願いします!

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-31 08:27 | Health(腎臓) | Comments(6)

低空なのよ

e0007273_1914618.jpg

今日も朝に通院。
胃酸を抑えるガスターを粉薬でもらい始めたので
点滴から抜いてもらえるはずだったけど
(ガスターって点滴にいれるとちょっとしみるのです)
朝、お水を吐いちゃったので結局INのまま・・・

昨日からちょっと食欲ないんですよー。
こんな風に寝てることもあるから、すごく悪いってことはないと思うんだけど、すぐに心配になっちゃうへたれ飼い主です~。(第一、食べてくれないと薬が!)

次の通院は、木曜の予定が
「木曜は自分がいないから」と金曜に。
水、木だと院長先生。でも今は慣れたT先生の方がありがたいかな。
バロンがキャリーから出ている時間が少しでも短くなるように
点滴セットを全部準備してから中に呼んでくれるようになってますから。

e0007273_19145226.jpg

元気アップのために購入!

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-26 19:14 | Health(腎臓) | Comments(2)

通院3日ぶり

今日は三日ぶりの通院。
寝てたから可哀相だったけど、
午後から雷雨予報が出てたので朝のうちに病院へ。

昨日、吐いちゃったのは胃酸を抑えるガスターが切れたからかもと
(点滴に一緒に入れていました)
粉薬をもらいました。
ごくごくわずかな量なのでご飯にかけても食べるんじゃないかって。

夜、お皿の前で待ってるバロンにガスターふりかけのささみをあげてみたところ。
e0007273_1930444.jpg


ちょっとささみが多かったのか、半分だけ食べて行っちゃった(汗)。
あとでもいいから、全部食べよーねー。

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-23 19:31 | Health(腎臓) | Comments(6)

数値が下がり・・・

e0007273_19282780.jpg

(一日に2つも病院に連れていかれてお疲れのバロン)

正常値まではいっていませんが
1週間の皮下点滴でCre4.4から2.4に。Bunは79.2から48.1に下がりました。

これで点滴の間隔を毎日から3日に一度にすることができました。

実は、毎日の病院通いにさすがに疲れたのと
福岡時代のドクターのアドバイスもあって、
「やっぱり入院して静脈点滴なのかなあ。するなら早いほうがいいよなあ」と思った飼い主。
今朝、猫友さんに教えてもらった猫専門病院にバロンを連れていっていました。

うちの最寄り駅からだと乗り換えなしで18分。
前日電話で問い合わせ、受付でも院長先生(猫関係の雑誌に多数記事を書いておられます)に診て貰いたい旨を伝え、待つこと約30分。
エレベータで2階の診察室にあがり、まず問診。
だいぶ長い時間、話していたように思います。
診断は点滴に通っている病院とほぼ同じ。どうして半年で急に数値があがってしまったのかは
確たる原因はわからないが、ここで腎臓にダメージを与えるなんらかのイベントがあったのだろうと。
(ゆりの花を食べませんでしたか?と聞かれました)
結石はpHというよりも、レントゲンにうつった色が骨と同じように白いので
腎臓のはやはりカルシウムであろうと。膀胱のほうはマグネシウムの可能性はある。
腎臓の結石をとるには手術しかなく、透析装置などがある大学病院でないと無理。
ただ、バロンがその大きな手術に耐えられないかもしれないと。

入院して静脈点滴をして一時的に数値がさがっても
帰ったらまたすぐに上がるのでは意味がない。
猫だけとはいえ、入院はかなりのストレス。
それを考えると、どうなのか?と。

それでももし、数値が上がっていたら預けて帰ろうと血液検査をお願いし、
バロンを残して受付へ。
すぐに「あっさりとれましたよ」と院長自らバロンを連れてきてくれました。

結果、数値に改善が見られたので入院はやめて一緒に帰り、
夕方にいつもの病院へ点滴に出かけて毎日→3日に一度になったのでした。

初めての猫専門病院。行く前からかなり緊張していたのですが、
犬がいないからとても静かですし、先生がたも知識豊富。
次の患者さんがいるから話をいそぐというのでなく(受付と診察室の階が分かれているせいもあるかも)
疑問が晴れるまで、納得いくまでじっくり話をするという感じです。
ここがもっと近かったら良かったんですけどね。

そうそう、夕方、いつもの病院で「嫌がられるかな」と思いつつ
猫専門病院に行ったことを話したのですが、
さすがにもう何日も顔を合わせ、こちらのジレンマや疲れ具合もわかってらしたのでしょう。
「うまく組み合わせて使っていけばいいんですよ」と言ってもらえ、こちらもほっと一息なのでした。

が、さすがに今日は疲れたなあ・・・

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-20 19:33 | Health(腎臓) | Comments(18)

爆発・・・そして冷静に

昔住んでた鹿児島でひさびさに大きな爆発があったようですが、

昨日のわたしもちと爆発。
ストレスたまりすぎてたんだろうな~。
TVでAndrew Lloyd WebberのPie Jesuが流れた途端、涙腺切れちゃって止まらず。

そんな姿を見たことのない2号(♂)はかなり焦った模様015.gifすんまそ・・・

でも爆発したらちょっと気分はすっきりして、今日はだいぶ冷静になりました。
(夜中にバロンが吐かなかったせいもあるけど)

ふと、思いついて福岡で3年間バロンを診てもらった病院に電話し、
ドクターの意見を聞いてみることにしました。

先生のポイントとしては
・腎臓のダメージは付加逆性なので、とにかく今は腎臓の数値を下げること。それにはやはり皮下点滴でなく静脈点滴が有効。
心臓に不安のある子ほど、24時間ゆっくりと時間をかけて静脈に流してやるのがいい。これで数値がかなりさがることがある。
入院施設に不安があるならば、安心できる病院に預けて点滴してもらえばいい。結石の対処についてはその後で。
・結石がストラバイトなのかシュウ酸なのか。ただPHで推測するだけでなく、今は多くの場合検査をすることができる。猫の膀胱結石は砂状のものがほとんどだから、膀胱洗浄で採取できる。それがストラバイトならよりいいが、シュウ酸であってもこれ以上石が増えないように食事でコントロールしていく。

今の病院のドクターと同じ内容のことを言われている部分も多いのだけど、
3年間毎月お世話になったO先生の自信に満ちた話しぶりなのか、電話を切ったときにさらに気分が前向きに。
これからも不安があればいつでも電話くださいとも言っていただけました。うるうる・・・

とにかく皮下点滴で様子見というのは長いこと続けてはいけないと
飼い主も腹がくくれたので、ちょっとベクトルを変えて動いてみようと思います。

****
以下、昨日の通院記録

乳酸リンゲル 100ml
(抗生物質、ビタミン、ガスターを追加)

経口のバイトリル(抗生物質)を飲ませた後に吐いているので
これをやめて2週間持続するコンベニアを注射してもらう。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-19 10:24 | Health(腎臓) | Comments(9)

敵の正体

昨日は5時すぎに二人で病院へ。
事前に「バロンのストレスをあげないようにまず先にレントゲンを撮ってもらう」「吐き気止めについて再相談する」とポイントを確認。
e0007273_9544017.jpg

(今朝6時すぎのバロン。ベランダでホースから水を飲んで出窓でまったり)

担当はおとといと同じ若い方のドクター。待ち患者もいなかったので、前日からの様子を簡単に報告して、すぐにレントゲン撮影。
ナースも昨日と同じなので、こちらの意図をくんでくれて「できるだけ怖がらないように気をつけますね」と。
結果、おとなしくしていたようであっという間に撮影完了。

<レントゲンからわかったこと>
・腎臓の大きさは標準範囲である
・腎臓に腫瘍はない
・腎臓と膀胱に結石がある。腎臓片側には素人目にわかるほどくっきりと。もう片側は腸がかぶっており素人目にはわからないが、それらしきものがある。膀胱も他の臓器とかぶりわかりにくいが、他の結石のない子の写真と比べるとうっすらと雲のようなものがある。
・結石には大きく分けて、溶けるストルトバイトと溶けないシュウ酸カルシウムがある。溶けるタイプは療法食で溶かすが、溶けないタイプは外科手術でしかとれない。
・どちらのタイプなのかは推測するしかないが、尿のph6.0から考えると溶けないタイプの可能性が高い。
・現在の状況は、この結石が腎臓の機能を悪くし、尿に潜血反応がでていると思われる。
・両腎臓、膀胱を同時に手術することはできない。順番にすることになるが、膀胱の手術をすれば腎臓に負担がかかり、また、片方の腎臓を手術すれば残る片方の腎臓に負担がかかる。
現在、腎臓機能が落ちている状態での手術は非常にリスクが高く、また、取り出しても再発の可能性が高い。
・(わたしの質問に答えて)猫は尿管、尿道が数ミリと細いので、外から破砕して流す処置は難しい。先進治療としてやっているところがあるかもしれないが、尿管や尿道が詰まってしまう可能性が高く非常に危険である。
・対処療法として、点滴をし、膀胱炎が出れば抑えていくことになる。
・前回(1年半前)のレントゲンで指摘されなかったのであれば、その後の1年半でできたのであろう。

<昨日の処置>
吐いたので胃酸を抑えるガスターを点滴に加える。ガスターは入るときに嫌がる子があるので、輸液を流してから最後に入れる。(確かにガスターが入った途端に反応しました)

乳酸リンゲル100ml
抗生物質
止血剤(バロラミン、アドナ)
ガスター

<帰宅後~今朝>
帰宅後、怒り食い。その後、しばらく押し入れの奥に入っていた。
(猫なりに点滴後の違和感の対処に慣れたのか、違和感で固まってしまう前に押し入れに入った様子)

午前3時 吐く(固形物なし)
午前8時半 抗生物質とアンギナールをカプセルで飲ませる
午前8時40分 吐く(抗生物質の小さくなったかけらが出てしまった。直後に排便したのでそのせいで吐いたのか?)

****
正直、うーーんです。
「あのときのあれ(去年の秋にトイレのカバーを嫌がるようになったり、冷蔵庫にちっこテロをされた)がサインだったのか?」とか
「なんで尿検査してこなかったんだろうか」とか
「今年に限ってレントゲンとってなかった」とか
いまさら後悔しても仕方ないので、前に進みたいけど
進む道が・・・

今日は病院が5時までなので4時半くらいに行ってきます。

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-18 09:55 | Health(腎臓) | Comments(4)

頭の整理のために

しばらく、飼い主の頭の整理のために
前日の通院の報告と朝のバロンの様子を書くことにします。
あまり楽しい内容でないけれど、許してくださいね。
e0007273_1055146.jpg

(ついさっき撮ったバロン)

昨日は日中、おしっこの回数が少なかったのを除けば
体調は良さそうな感じ。
4時半ごろにようやく尿が採取できたので5時近くに病院へ。
担当は初日の若いドクター(♂)。
待合室で20分ほど尿検査の結果を待つ。

結果・・・
(スティック検査)
亜硝酸塩 -
ウロビリノーゲン -
たんぱく質 ±
pH 6.0
比重 1.021
潜血 over
ケトン体 -
ビリルビン -
ブドウ糖 -
(尿沈査)
白血球 + 赤血球 ++
結晶 -

見た目にはわからないものの、血尿になっているようです。
原因としては
膀胱炎、結石、尿管の炎症、腎臓の病気(腫瘍など)によるものと様々で
これだけではわからず、少なくともレントゲンと撮ることを薦められる。

すでに検査結果待ちで20分病院にいたので、
これ以上のストレスを今日かけるのは・・・とレントゲンは明日にしてもらい点滴。
輸液量は100ml(昨日120と書いたのは100の間違いでした)
に通常の抗生物質、止血剤を追加したものを皮下点滴。
血尿の対策にさらに追加で抗生物質を点滴に追加するかについては、また違和感が増すよりはと錠剤(バイトリル半錠)を経口で与えることに。

****
そして、帰宅後。
違和感は多少あるものの、慣れたのか脚にあまり落ちなかったのか
4日間で一番早く落ち着き、ほっと安心。

が・・・・
夜中の2時に吐く。固形物はなく、サプリの活性炭(尿毒症対策です)で黒いので水か胃液が不明。すぐに落ち着いて寝始めたので飼い主も寝て、

朝9時にバイトリルとアンギナール(いつも飲ませている薬)を4号カプセルにいれて飲ませる。成功!
・・・と喜ぶのもつかの間。

9時半に吐く(半分くらいは吸収されてたと思いたいけど・涙)

****
ここ二日、点滴に吐き気止めを入れてなく
この様子だとやはり必要なのかも。
また今日、相談しなくては。

日々、いろんなことが起きて(わかって)
飼い主の頭と心が正直ついていけないよー。

****
そして、このところ皆さんへのコメントにお返事ができてなくてごめんなさい。
ほんとに毎日、いろんなことが起きて(わかって)
飼い主が1つ納得して冷静になると、また次の何かが起こる(わかる)ので
再び、頭がぐるぐる・・・・

こういうときはコメ欄を閉じるのがマナーなのかもしれませんが
頂いたコメントですごく勇気づけられている飼い主です。
しばらくはこのままでいかせてください。
ほんとにいつもありがとうございます。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-17 10:10 | Health(腎臓) | Comments(8)

昨日の通院&今朝の様子

バロンだよ。
えっとね、きょうはママが話すって。
ちょっとながいけど、「びぼーろく」っていうの?
まあ、つきあってあげてね。
e0007273_7282226.jpg


昨日は、おとといのことがあったのと夕立を警戒して
少し早めに病院へ。幸い、昨日も院長だったのでこれまで(九州での5年間)の経緯も含めてじっくりと相談できました。

以下、備忘録のようになりますが

★おとといの「点滴の約1時間後に変な声で鳴きながら総毛を逆立てて、震えながらしがみついていた」件。

可能性として
①点滴に入れた吐き気止め(プリンペラン)が中枢神経を刺激して起きた
②点滴の量を増やしたために起きた(初日=120mlからおとといは150mlに増やされていた)
を指摘され、その後、「軽く脚が震えていたように思えた」「心臓に問題があるかもと言われた時期がある」とこちらが話したことで
③点滴が心臓に負担をかけ脚に血栓ができた
という可能性も追加。

③については院長がもう一度丁寧に聴診し、心雑音、心拍数ともに正常で脚に拍動もあるので可能性は低いとなり、①か②の可能性が高いと。

1つずつ除いていかないと原因がわからないので、当初はまずプリンペランを除いて量は150mlのままで行きましょう、という流れだったけれど、心臓の話を詳しくした後、やはり無理はせずに量も120mlに戻してみることに。

結果、やはり点滴40分後あたりから
違和感があるんでしょう、動きが緩慢になり、ちょっと動けずに固まった時間もありましたが(脚付近に液が落ちると痛いらしい)、おとといのようなことにはならずしばらくしたら押入れの上段(私を足がかりにして)に入って寝られていました。
e0007273_7291622.jpg

(そのときの写真)

★入院しての静脈点滴について
おとといの一件で静脈点滴のが楽ではないのかと思い始めていたので(当初、即効性のある静脈点滴を薦められた経緯もある)話をふってみると

・確かに即効性はある。ただし、皮下点滴にくらべると心臓への負担がでやすい
・現状、ご飯は食べられている
ことから、当面(とりあえず1週間)は今のまま皮下点滴でいきましょうと。

ちなみに入院施設については、「猫と犬を別室に分ける事はできます」との返事でした。

★夜間の対応
この病院の患者に薦めているのは墨田区にある
「ひがし東京夜間救急動物医療センター(午後9時から午前3時」。ここだと、開業医との連携を基本にしているのでデータのやりとりができる。立ち上げ人の一人が院長の恩師なので信頼している。

あとは「東京都獣医師会」で午後7時から11時まで当番制で開業医が診療しているのでこれも利用できる。

我が家から一番近い初台の「日本動物医療センター」は個人病院なのでデータのやりとりはしにくい。

とのことでした。
これについては、初台の医療センターの方が24時間対応でそのまま入院もできるので(上記2つは必ず翌日には退院)飼い主からすると初台のが良さそうですが・・・

とにかく、今は数値が高いので、いろいろ詳しい検査をしているよりも
「ご飯が食べられ、おしっこが出せる」状態を維持して
これ以上悪くしないこと。
数値でいけばCreとBunが上がらないように、願わくは少しでも下がるようにすることが一番、というのが院長の結論でした。

最初の写真は今朝のもの。
4日ぶりに排便もあって(尿に水をとられるせいか便秘でした)すっきりしたのかな?朝から元気にうろついて、ベランダの散歩もし、ご飯もしっかり食べてます。
e0007273_7315920.jpg


数値よ、下がれーー!!

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
[PR]
by rojineko | 2013-08-16 07:32 | Health(腎臓) | Comments(12)



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧