路地猫のひとり言

最初の鹿児島は凹むのだった(これでおしまい)

怒涛の週末も終わり、路地猫が東京へ戻る朝。相変わらず天気が悪いので自力移動はあきらめて、出勤する2号にレンタカーで送ってもらいバス停へ。



実はたまった疲れとたぶん寒さから、朝から右肩に激痛。右手もしびれていて痛み止めでおさえてました。こんなになるまで肩が凝ってしまったのは何年ぶりだろう。出発時間には早すぎるほど早いけど、さっさとバスで空港へ移動し空港内のマッサージ店でたっぷり1時間揉んでもらいやっと少しマシになりました。(→ここ、マジでおすすめ。むっちゃ気持ちよかった)

帰りのフライトは拍子抜けするくらいガランガラン。せっかちな私は必ず通路側を予約するんですが、ほんとに空いていたので真ん中の4列シートに移動して横になって爆睡しちゃいました037.gif 

お昼頃、羽田につくとあらまた寒い。この翌日には雨風強まって羽田が一時閉鎖になっていたから月曜に帰ってきて正解だったんですが、それにしても私の行くところに雨がついてくるのはなんででしょうねえ~015.gif

ホームグラウンドに降り立ってうきうきした気分の路地猫、空港で軽くお昼を食べてから坊主の待つ「今の」我が家へと向かったのでした。
[PR]
by rojineko | 2008-04-07 10:28 | Kagoshima Life
<< 路地猫、路地裏にもどる 最初の鹿児島は凹むのだった(その5) >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
おぉぉぉ(≧▽≦) ち..
by Mew at 11:23
★シュガーバインさま ..
by rojineko at 17:32
にゃに??この展開❤ ..
by シュガーバイン at 20:50
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧