路地猫のひとり言

最初の鹿児島は凹むのだった(その3)

さて一晩明けました。最近の坊主なめなめ攻撃のせいなのか、5時に目が覚めてしまった路地猫はせっかくなんでホテルのランドリーを利用して、数日分の2号(♂)の衣類を洗濯し、PCをネットにつないで(最近はネット接続無料がスタンダードよねん♪)今日の買出しチェック。



衣類をドライヤーに放り込むと7時まで爆睡。留守番の坊主の様子をネットで確認すると、お気に入りのカゴの中にぼんやりと茶色の耳が見えました037.gif
(外から見られるようにカメラをつけてるんです)

大慌てで荷物をまとめ、レンタカーで社宅へ移動。中心部を抜けて幹線道路を走っていくと、緑の少なさにちょっと凹みます。そして社宅が見えたところで、凹みは最高潮・・・
いえ、もちろん社宅なんてどこも古くてぼろいのが基準ですからその辺は織り込み済みなんですけど。部屋から桜島が見えたら・・なんて希望は持ってませんでしたけど、それにしてもあちゃーーです005.gif

付近の環境、悪すぎ・・・(涙)
ベランダでどうやってバロンを日向ぼっこさせようかな、なんて考えてましたが住んでる間に窓を開けること自体が疑問符になってきました。スモッグにまみれたマニラでもここよかマシだったかも。

と、路地猫が沈む気持ちと戦っていると2号(♂)の一言。

「あ、カギがない!」



047.gif047.gif047.gif




カギなしでどうやって引越しするんだーーーーー!!!

しかもカギ置いてきた職場は週末は完全施錠されてて、入り方もわからんってどうよ??
プチ殺意が芽生えてしまったのは朝ごはんを抜いたせいでしょうか・・・


結局、職場の人に頼みこみ事なきを得たのですがなんとも幸先の悪いスタート。これからの波乱を暗示しているような・・・

まだまだ続くのだ!
[PR]
by rojineko | 2008-04-05 12:02 | Kagoshima Life
<< 最初の鹿児島は凹むのだった(その4) 最初の鹿児島は凹むのだった(その2) >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
おぉぉぉ(≧▽≦) ち..
by Mew at 11:23
★シュガーバインさま ..
by rojineko at 17:32
にゃに??この展開❤ ..
by シュガーバイン at 20:50
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧