路地猫のひとり言

バンコク旅行②

今日は午前中に寺巡り、午後はジムトンプソンの家に行く予定。のんびりしてはいられない。
急いで着替えて部屋を出ると、すごい雨!
なんてついてない・・・と反対側を見ると晴。???

なんのことはない。雨だと思ったのは、中庭のブーゲンビリアにやっている水が上からざーざーと落ちてきただけだった。

気を取り直して朝食をとり、BTSでサバーン・タクシーン駅まで乗り、サートーンの船着場へ移動。ここからはエクスプレスボートに乗る!白旗はローカル、黄色と赤はエクスプレスらしいけど、エクスプレスは通勤時間帯が主らしくて、私たちが行ったときにはローカルしか見なかった。

のんびりと川沿いの風景を眺めながら、まずはワットプラケオへ。予想したとおり、入口の服装検査官にサンダル履きをチェックされたので、手に持っていた踵つきの靴に履き替えて入場。最初から踵つきの靴で来たら良いって?そうなんだけど、タイはフィリピン以上に暑くって。必要でない限りは、できるだけ涼しい格好で動きたかった。

短パン、タンクトップ(へそ出しもいたな~)が多い欧米人は、軒並み、「ダメ!あそこで着替えて!」とチェックされている。(ちゃんと貸し出し用の服が用意されているのでご安心を)

エメラルド寺院とも呼ばれるワットプラケオは一番の観光地だけあって、この日もすごい人。中国や韓国からのツアー客に混じって、キンキラキーンのお寺を拝見。同じ仏教とはいえ、「お寺に行くと、心が落ち着く」って思う京都や奈良のお寺とは随分な違いだ。

一通り回ったところで、汗、汗、汗。途中で買ったミネラルウオーターがどんどん減っていく。マニラも暑いけど、バンコクも暑い~。自家用車で動けるマニラの方が快適だー。

暑さと闘いながら、王宮の庭を見学してからボートを乗り継いで対岸の「暁の寺」ワットアルンへ。

途中まで登ることができる中央塔。案の定、高いところ好きの連れはとっとと登り始めるが、暑さでヘロヘロになってきたCATは謹んでご辞退申し上げた。

ワット・アルンの次は、待ってました。本日のメインイベント!ワット・ポーでございます!何しろこのお寺、あらよーっと寝っころがっている涅槃仏で有名なだけでなく、タイ・マッサージの総本山。マニラに来てからすっかりマッサージのとりこになっている私達が行かないわけがない。すでに本帰国した連れの職場の同僚などは、帰国前に「タイに行ってマッサージの集中講座をとるぞー!」と息巻いていたくらい。さくっと涅槃仏を鑑賞し、本道横のマッサージ場へ。暑さの中待つこと20分。我慢しきれなくなってきたあたりで順番に中に呼ばれた。本当は1時間コースを頼みたいところだけど、お昼も近かったので30分コースで我慢。扇風機の風が心地よい。中国系のマッサージ師がたんねんにコリを揉み解してくれる。もー、気持ちいいーったら。

暑さの中、ツアーバスにも乗らずに寺巡りをした疲れも吹っ飛び、元気にサイアムスクエアまで戻り、軽く昼食をとりジム・トンプソンの家へ。ジム・トンプソンのシルク=タイみやげというくらい有名だけど、実はこの家を訪れるまで彼がアメリカ人だとは知らなかった私。しかも彼は晩年にマレーシアの高原キャメロン・ハイランドで失踪し、いまだに行方がわからないという。(一説にはマフィアに殺されたとも言われている)ちょうど日本人が何人か集まってきたので、1つのグループになって日本語ガイドさんの説明を受けながら見学。トンプソンは本当に「アジアびいき」だったようで、各国の古美術品で家は飾られていた。でも、ミャンマーのお寺にあった彫刻をランプの足にしてしまうあたりは「欧米人だなー」と思ってしまう。日本人も似たようなことはしているんだが・・・

庭に面したカフェで一服し、一旦ホテルに帰る。今日は連れのリクエストでムエタイを見にいこうという話になっている。

***
実はCAT、格闘技は全然好きじゃない。ゆえに、ムエタイへの興味もほとんどゼロ。「まあ、タイだし。安いんだろうし、つきあうか」という程度だった。ところが、ホテルで休憩中に「3階席は賭けをする人がいるから危ないってよ。リングサイドにしよう」と連れ。え、そうなの?まあいいけど、と思いながら値段を聞いてびっくり!1人5000円もするらしい。

急に行く気がなくなるCAT。

結局、ほとんど喧嘩に近い状態でホテルからタクシーに乗り、ムエタイ会場に着くと夕方早い時間の試合はほとんど終わりに近いとのこと。9時開始の後半戦のチケットを予約して、近くの中華料理店で夕食をとる。これが大はずれ。救いは店内のテレビでサッカーの日本-タイ戦を中継してたことくらい。さらに気まずい雰囲気になってムエタイ会場へと向かったのだった。

・・・でムエタイ。すみません、ほとんど印象に残ってません。
「相撲」みたいなもんなんでしょうか、バトルの前にお祈りするとこは面白かったけれど、バトルそのものは掛けを盛り上げるために3~4ラウンドまでは両選手ともやる気なしだし、「血肉湧き上がる」というほどのもんは感じなかった。むしろ、ビールを飲んで気分のよくなったリング席の外人(主にアメリカ人)の盛り上がり方のが怖かった。リング上部につけられたTVでサッカーの試合を中継してたので、半分はそちらを見てたかも。

格闘技ファンの皆さん、すみません>CAT

1時間ほど試合を見て、帰りも遅くなりそうだったので会場を出て、隣のナイトバザールに行くも睡魔に勝てず。ホテルが近いので何台か乗車拒否をされたあとで、ようやくタクシーをつかまえホテルにバック。就寝。
[PR]
by rojineko | 2004-07-24 20:28 | Travel | Comments(0)
<< バンコク旅行③ バンコク旅行 >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
★ソラパパさま ワンち..
by rojineko at 08:59
★pmarinさま こ..
by rojineko at 08:58
★ひかりさま 久しぶり..
by rojineko at 08:56
カテゴリ
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

♪トンキの輪♪
Tonkinese Times
新アチャノツボ
Minkwin Cattery & Pretty Aki
もなかの庭
AOBA日記
maro*coco*momo
湖猫の日常
monkeyのブログ
トンキニーズぴとのまいにち
はくといとと。
Diary of Initial A Brothers

♪にゃんこの輪♪
猫まんまのひとりごと
おまけ猫との日常
★日がな一日シャム♪♪
SouthEast's Paradise
まめふくもちっ
しっぽナースの日常
うみにゃんとチェリンズ
笑福にゃん~ノルさんず
ねこむらみるくのひとりごと
ご縁がありました~もち兄弟日記
KuMay House
はくえいのおへや
てんてんち
ラテにゃん日記
ペドロ&モンタのお気楽な日々♪
るーだま
田舎暮らしde東京仕事
ネコ。ねこ。猫の子。よく寝る子
+beans+
リコねこ日和
とらたまくろむうこと的生活
♪ふわふわ~てくてく~もぐもぐ♪
What's Michael? That's Michael!
お空の上からエヘヘのへ コモモのたより
ももの樹。

♪鹿児島♪
ひびろぐ@ワンライフ
ビバ専業主婦!
三日坊主様in鹿児島
わん&にゃんずと一緒に

♪福岡♪
ネコすべな日々
さくら咲く黒猫さくら
☆Precious Nyan☆
◆ももるちんチ◆
まりもところものしっぽ

♪フィリピン♪
Happy Maniac


ゆづっちゃん ち→バロンが生まれたキャッテリーさん♪

今日も食べようキムチっ子クラブ→笑いの絶えない韓国家庭料理教室!

にほんブログ村 猫ブログへ
検索
記事ランキング
画像一覧