路地猫のひとり言

No Reservations 幸せのレシピ

本も映画も何でもそうなんですが・・・

どうも私は徹底的にそれにおぼれていたいOnの時と、見向きもしなくなるOff
の時があるようでして。012.gif



昨日、後味が悪いといいつつも久しぶりに映画を見たら
「映画スイッチ」がOnされてしまいました~。

幸い、海外に住む友人が映画のDVDをたんまりと送ってくれていたので
見るものに不便はなくってですね。
日本では去年の秋に公開されたキャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演のラブコメ
「幸せのレシピ」を見てみました。
e0007273_12452513.jpg



まじめすぎるNYの一流シェフ(キャサリン)が、姉(妹?)の死、ひきとった姪っ子との格闘を経験しつつ、新しい恋を見つけていくといういたってシンプルなストーリー。
安心して見ていられますね~。
姪っ子役の女の子はキュートです。キャサリンの恋のお相手になるアーロン・エッカートは
「どっかで見たなあ」と思っていたら
昔、「エリン・ブロコビッチ」でジュリア・ロバーツの恋人役だったライダーをやってた人でした。
あのときはひげもじゃだったのよね。

ところで原題のNo Reservations。「予約なしでもOK」という意味なのかしらん・・・と思っていたのですが映画をみた後に、Reservationsの別の意味「躊躇する、ためらう」の方だったんだーーとわかりました。直訳すれば「ためらわないで、おそれないで」って感じなのかな。
[PR]
by rojineko | 2008-01-31 12:45 | Comments(0)
<< いい天気 買っちゃった! >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
12年を経て繰り返す。な..
by ソラパパ at 04:53
あはは( *´艸`) ..
by Mew at 22:18
2匹とも相性良くなりまし..
by MINKWIN at 21:43
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧