路地猫のひとり言

ベネチア出港



私達が乗船した船、コスタ・メディタラニアは総トン数85619トン、全長292.5m。2003年6月に就航したばかりの新しい船で、船室は1056室、2680人もの乗客を運ぶことができる大型船だ。デッキ2(2階)とデッキ3(3階)にディナー用のレストラン、バー、売店、オフィスなどのパブリックスペースがあり、デッキ1(1階)とデッキ4(4階)からデッキ8(8階)までが客室。デッキ9(9階)とデッキ10(10階)にビュッフェレストラン、3つのスイミングプール、ジム、スパ、美容院などがある。さらにデッキ1の下層(ここは階数表示なし)にクリニックと船員&スタッフ用の船室。

いつも船に乗ると思うのだけど、こんなに大きな物体(!)がよく水に浮くものだと感心してしまう。

さて、これまたいつものことながら、船に乗ると途端に元気を取り戻す連れはベネチア出港をカメラにおさめるべくいさんで出て行ったので、CATは部屋で休憩しながら荷物が来るのを待つ。本当は5時からイングリッシュスピーカー向けの乗船説明会があったのだが、船旅ははじめてじゃないし・・とやめにした。カジュアルデーで着替えが必要ないとはいえ、夕食を6時15分スタートのファースト・シッティングにしていたので、ばたばたするのが嫌だったのだ。(ちなみにセカンドシッティングは8時半。日本人には遅すぎる)

ヘンリーさんが持ってきてくれた荷物を出し、人心地着いた所でデッキに出て暮れていくベネチアの街を眺める。同日出港のMSCアルモニアが一足先に出港し、ターミナルから運河に向かっていくのが見えた。洪水でひどい目にあったとはいえ、ベネチアの街はやはり絵になる。

ぎりぎりまでデッキで粘り、5分遅れで夕食へ。残念ながら窓際の席ではなかったけれど、隣が日本人の方だった。東京に住んでいる娘さんと、神戸に住んでいるお母さん。お母さんの方は80歳すぎじゃないだろうかと思うけれど、なんとも上品でいつもきれいにしてらっしゃる。娘さんの方も旅なれた感じ。反対側の席に座ったスイス人カップルともきさくに話をしたり、「船旅ってこういう人が似合うのよね」と思うのであった。

夕食のあと、船内のシアターで何やらショーをやっていたみたいだが、初日から飛ばしては疲れてしまう。さっさと部屋に帰って寝ることにした。
[PR]
by rojineko | 2004-10-31 22:20 | Travel | Comments(0)
<< 最初の寄港地~バーリ 港へ移動~乗船 >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
あはは( *´艸`) ..
by Mew at 22:18
2匹とも相性良くなりまし..
by MINKWIN at 21:43
路地猫様 ハハハ~..
by コモモおかあちゃん at 18:22
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧