路地猫のひとり言

ベネチアの夕方~雨

サンタ・ルチア駅前の水上バス乗り場から、とりあえず「大運河」を通る1番バスに乗ってみる。この路線、主な観光スポットをもれなく通る各駅停車のため人気が高くバス停は人だかり。2台ほど待ってどうにかバスに乗り込み、リアルト橋へ。

リアルト橋-大運河のほぼ中央に位置するアーチ型の橋。東方貿易が盛んな時代から栄えた場所だったらしいが、今は観光客用のおみやげ店とオープンレストランが並んでいる。私達もここで一旦下船して橋を渡ってみる。ベネチアングラスの店が軒をつらねているが、どこもとっても高い!何もかわずに再び水上バスに乗り、サンマルコ広場へ。

サンマルコ広場-大運河を抜けると左手に見えてくるベネチア一番の観光スポット。共和国時代からベネチアの中心地として栄え、ナポレオンに「世界で最も美しい空間」と言わしめた場所。水上バスの乗客のほとんどがここで下船していった。さすがに一番の観光スポットだけあって、広場の周りは人、人、人。人をかきわけないと前には進めない。一通りぐるっと回ったものの、人いきれに疲れてしまった。日も暮れてきたし、1区歩いてアカデミアまで戻り、水上バスでサンタ・ルチア駅に戻った。

さて、今晩の夕食はどうするか?フィレンチェからずっと疲れがたまってきていたCAT、またしても駅前で中華料理店の看板を発見。水上バスに乗っている間から雨も降り始めてきたので、ダッシュで店に駆け込む。駅から3分ほど奥まったところにあったその店は、ベネチアの喧騒とは縁がないような普通の店。中には地元の中国系と、観光客らしいアメリカ人のグループ。アメリカ人の方は、イタリア料理に飽きてしまったのかな。

2人で4~5種類の料理を頼み、22.33ユーロ。物価の高いベニスだからこんなもんか。やまない雨の中、駅前から1番の水上バスでホテル近くのビアジオ駅まで1区乗り、連れの持っていた折り畳み傘でホテルに戻る。びしょぬれの私達を見たレセプションの彼は「ベネチアって素敵でしょ!こーんないい天気で~」とちゃかしてくる。笑うしかなし。部屋に戻って、シャワーを浴びてベッドにばたん。
[PR]
by rojineko | 2004-10-29 22:10 | Travel | Comments(0)
<< ベネチア散策① ベネチア到着 >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧