路地猫のひとり言

フィレンチェ到着~ピサへ

10時5分にローマ駅を出発したユーロスターはほぼ定刻の11時45分にフィレンチェ駅に着いた。車内では日本人の姿もちらほら。あの人たちも私達のようにドタキャンにあったのかしら、と考える。

フィレンチェ駅はテルミニ駅ほど大きくはないが、それでも出口付近はすごい人でごった返してる。人ごみを掻き分けながら出口に出て、予約したホテルを探す。今回のホテルはDomus Florentiae。駅の近くにあったのと価格の手頃さだけで選んだホテルだった。5分ほど歩いてホテルを見つける。レセプションは2階らしく、1階は何やら工事道具が積み上げられていた。ぱっと見、軍服のようにみえる制服を着たお兄さんにプリントアウトを差し出し、予約してあることを告げる。残念ながら、今回は部屋がまだ用意できていないということだった。荷物は預かってくれるというので、スーツケースを託してホテルを後にした。

ピサまではローカル電車で40分ほど。ごった返すフィレンチェ駅の構内掲示板でどうにか乗るべき電車を見つけた私達、チケットを買う段階になってはて?テルミニ駅ほど大きくないこの駅のチケットオフィスは1箇所だけ。でもそこは長蛇の列。横にある自動券売機にもずらり。とにかく1人がチケットオフィスの列に、もう1人が券売機の前に並び順番を待つことにしたが、どちらの列もなかなか進まない。そのうち、券売機側に並んでいたCATがふと横のTabacciに目をやると「Treni Ticket」の文字が!もしやあそこでチケットが買える?まだ後ろに大して人も並んでいなかったので、走ってTabacciまで行って「ピサまでのチケット買える?」と聞いてみる。「Si(はい)」。フィレンチェからピサまでは1人5ユーロ。どうやらこの駅では近距離のチケットはTabacciに販売委託しているようだ。(ピサ駅ではだめだった)

無事チケットを入手した私達は、まるで盲腸のように端っこにくっついたピサ行き電車の発番線1Aまで走り、大慌てでvalidation(検札)を済ませて列車に飛び乗った。12時25分発。お昼時のローカル電車は、私達のようにピサを目指す観光客と大学生らしきイタリア人の客で混雑していたけれど、どうにか空いた座席を見つけることができた。学生達が途中駅で降りたところで、またも事件発生。私達の車両の真下からもうもうと煙が上がり始めたのだ!

アルケオバスの再来?焦る私達。同じ車両に乗っていたアメリカ人らしき家族は窓の外を眺めて首を横にふっている。しばらくして駅員がやってきたが、どうやら降りた乗客が火のついたタバコか何かを線路に投げ捨てただけだったようで、電車はすぐに発車した。

13時30分。ピサ駅到着。ピサの斜塔まではバスでも行けるけれど、朝から電車に乗りっぱなしだった私達は20分ほどの道のりをぷらぷらと歩いて向かった。ピサの斜塔-世界中の人が知っている例の傾いた塔-があるのだから、すごい人だろうと思っていたら、意外に静かな町。目抜き通りのイタリア通りには小奇麗な店が並んでいるけれど、客引きもないし、ミサンガ売りもジプシーもいない。リラックスして散歩を楽しみ、アルノ川を渡ってすぐの店でファゴットという中にチーズや野菜をはさんだホットサンドイッチを食べてお腹を満たしてカルドウッチ通りをピサの斜塔を目指していった。

斜塔が見えてくると、連れはカメラ小僧に変身。いろんな角度から斜塔をとってはしゃいでいる。

斜塔のあるドウモ広場はさすがに人が多い。日本人の観光客はツアーバスで一気にここまで来てしまうのだろうか。番号が書かれた大きなしゃもじのようなサインを持ったガイドに連れられたグループがあちこちにいる。どうも何かのクルーズ船のツアーらしい。ジェノバあたりに入港して、ここまでバスでやってきたのだろうか?

斜塔の中の見学は高かったのでパスし、外から写真をとりまくり、連れは横のドウオモを見学。私は広場の階段に腰掛けてぼーっと人間観察。どこの国の人も斜塔と同じように体を傾けたり、斜塔を手で支えるようにして写真をとっているのがほほえましい。ローマの「真実の口」に手をつっこむようにこれは世界共通のお約束なのね。

満足した私達は、今度はローマ通りを通って駅に戻り、窓口で帰りの切符を買ってフィレンチェ駅へ戻った。
[PR]
by rojineko | 2004-10-27 21:50 | Travel | Comments(0)
<< フィレンチェの夜 イタリア国鉄の洗礼パート2(ロ... >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧