路地猫のひとり言

サンピエトロへ(ローマ2日目③)

バチカン美術館を鑑賞した後はサン・ピエトロ寺院へ向かう。ツアー客はシスティーナ礼拝堂から中庭(?)を通ってサン・ピエトロ寺院へ抜けられるようだが、私達のような個人客は一旦出口に出て、美術館の壁沿いにずっと歩いて正面から入るしかない。

とりあえず美術館に無事入れたことでMisson Completeの気分のCATは、出てすぐのジェラトリアでジェラートを買ってご満悦。ジェラートをなめなめしながら、ながーく延びた観光客の列を尻目に(その頃には列は1キロにもなっていた!)るんるんとサン・ピエトロへ。

それにしても昨日も今日もローマは暑い。半袖でもいいくらい。さえぎるもののないサン・ピエトロ広場に入った途端に暑さは増し、不謹慎とは思いつつも思わず持っていた傘をさして日差しを防ぐCAT。クーポラにあがる人の列は50M以上にもなっていた。もう朝のバチカンで一日分の忍耐を使い果たしていた私達はクーポラは捨てて、さっさと寺院の中に向かっていった。

カトリック教会の総本山。内部の奥行きは211.5M、総面積は1万5160平方M。とにかく広い!あちこちにミケランジェロやベルニーニ作の彫刻が置かれ、荘厳な雰囲気をかもし出していた。

寺院を見学し、連れはショップで職場の秘書さん向けのおみやげを物色。フィリピン人はほとんどが敬虔なカトリック教徒だからバチカングッズはポイント高そう。

ところで、CATは今回の旅行中Dan BrownのAngels and Demonsを読んでいた。Dan BrownといえばDa Vince Codeが有名なんだけど、AngelsはDa Vinceの前作にあたる作品。ハーバード大学の美術史教授のランドンが美術作品にこめられたメッセージを解き明かしてバチカンを狙うテロリストを追及していく・・・というストーリー。ネタばれになっちゃうので、詳しくは書けないけれどローマ市内に点在するベルニーニの作品が鍵になっていて、旅行中にこの作品の実物を見るのが結構におもしろかった。Angels and Demonsを抱えて歩いていた人に何人もすれ違ったから、誰しも考えることは同じだったみたいだけど・・・
[PR]
by rojineko | 2004-10-25 22:40 | Travel | Comments(0)
<< コロッセオからトラムに乗って(... バチカンデー② >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
おぉぉぉ(≧▽≦) ち..
by Mew at 11:23
★シュガーバインさま ..
by rojineko at 17:32
にゃに??この展開❤ ..
by シュガーバイン at 20:50
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧