路地猫のひとり言

バチカンデー②

朝8時45分。ようやくバチカン美術館が開館。50Mほどの列はさくさくと前に進んだ。美術館に入る寸前で、さっき列に入り込んできた「ミントいかが?」おばさんがカメラを構えた連れを目ざとく見つけ、「まあ!それがカメラ?何て小さいの。携帯電話見たいね。あなたもミントいかが?」と懐柔作戦に出た。それまでのやりとりを一部始終見ていた私達は苦笑するしかなし。こういう人って、どこでも強くたくましく生きていくのだろうな。

さて、バチカン。何もかもインフレ気味のイタリアでバチカンも例外ではなく(厳密にはイタリアじゃないという突っ込みななしにして)ガイドブックに書いてあった12ユーロの入館料は13ユーロに。オーディオガイドは5.5ユーロから6ユーロに値上げ。ケチな私達は2人で1台だけオーディオガイドを借りることに。

広い広いバチカン。全部を丁寧に見ていてはとても一日では回りきれないので、「絶対これは外せない」ところをピックしてとにかく前進。観光客は多いけれど、美術館の規模も大きいのでシスティーナ礼拝堂を除けば、絵が人で隠れて見えないということはなかった。とりあえず11時ごろには目ぼしい部屋をクリアしてカフェテリアまで到達。ピザとパニーニを食べて休憩し、出口へ。

ここでちょっと失敗。オーディオガイドを返す場所は「下の出口近く」と説明されたので、螺旋階段をぐるぐると一番下まで降りてしまったら、なんと返す場所は「螺旋階段を降りる前の一段だけ低くなっているところ」だったのだ。螺旋階段は一方通行。困ってうろうろしていると、ガードが「あっちだ、あっちだ」と出口を指す。入れないジャンと思いつつ、出口にいたスタッフに「オーディオガイドを返したい」と言うと、「じゃあ、こっち」と案内されたのは中に椅子まである金襴豪華なエレベータ。気がつかなかったのだが、足の悪い人などは螺旋階段を使わずにこのエレベータで出口まで出られたらしい。ここでいい気になるのがCATの悪いところ。オーディオガイドを返したあと、連真面目にもう一度螺旋階段を歩いて降りていった連れを横目に、CATはその豪華エレベータで出口まで戻ったのだった。

あるものは使わなきゃね。
[PR]
by rojineko | 2004-10-25 22:23 | Travel | Comments(0)
<< サンピエトロへ(ローマ2日目③) ローマ2日目バチカンデー >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
★ronmamaさま ..
by rojineko at 18:04
ロンちゃんもあごにきび ..
by ronmama at 09:17
★ronmamaさま ..
by rojineko at 11:33
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧