路地猫のひとり言

アンニョンソウル⑤板門店

5月4日。ソウル二日目。ホテルレストランで十分すぎる程の朝食をとる。10時15分に向かいのロッテホテル集合で時間もあるので、路地猫はロビー階のPCでメールチェック。2号(♂)はホテルジム内の大風呂でさっぱり。

10時すぎに集合場所へ赴くとパスポートと予約確認書をチェックし、10時20分に再集合と。座るイスもないのでロッテホテル内を探検。豪華ホテルだけあってきらびやか。ただ、あちこちでビジネスショーを開いていて人の出入りは激しい。免税店を冷かし、携帯の時計で20分に戻ってみると集合場所は空っぽ。ちょうどバスへ移動したところらしい。集合場所の時計は25分を指していた。時計が狂ってたのか?すぐに別のスタッフが案内してくれてバスへ。

この日のバスは2台。私達の1号車は日本人客と英語客の混載。ガイドも2人乗り込み、交互に説明。お客の数に比例してか、英語の説明は短かったような気もする。

市内を出て、高速道路に乗り漢江(ハンガン)が見え始めると、川岸には鉄条網が張られところどころに兵士の見張り場所が建っていた。やはりこの国はまだ戦争中なのだと思い知らされる。バス内の説明は、朝鮮戦争から休戦、北朝鮮との交渉・・・とかなり詳細になされ、「この休戦は韓国が望んだことではありません」「休戦協定に韓国はサインしていません」「北朝鮮がなくなればいいと思っている方も多いでしょう。でも、北朝鮮がなくなるときっとそこに中国が入ってくるでしょう。」とガイド。さすがに今日は単なる観光でなく、勉強にきた気分がした。

バスに乗って1時間して「統一展望台」到着。爆睡の2号(♂)も起床。お決まりの集合写真を撮り、ガイドとともに中へ。
e0007273_18494287.jpg

これ、わかるだろうか?国境付近の模型図。真ん中を流れるのが漢江(ハンガン)。下の陸地が韓国サイド、上が北サイド。手前の広いところの川幅は3キロ以上あるものの、右上のもっとも狭いところでは460メートルしかない。
e0007273_18542573.jpg

朝鮮半島の地図。黄色線が現在の国境だが赤線こそが「韓国人にとっての真の国境」とガイド。思わず「おおーー」と声があがるツアー客。

このあと、北朝鮮の歴史や生活の説明を受け約20分の自由行動。北朝鮮の商品も売られていたが特に何も買わずバスへ戻る。

10分ほどで昼食。板門店ツアー客用に作ったのか、数軒のレストランの集まる場所に移動しプルコギビュッフェランチ。バス2台が同時到着したため、ごった返すが味はまずまず。早めに食事を済ませ、コンビニで水分とチョコ、飴を買い再びバスの人。いよいよここからが本当の板門店!

ガイドの説明によれば、現在の板門店はオリジナルではないとのこと。もともとの板門店は北朝鮮サイドにあるのだとか。20分ほど走り、検問。マシンガンを抱えた兵士がバスに乗り込み、事前登録されたパスポート番号と所持パスポート番号を照らし合わせていった。狭いバス通路を進むたびにマシンガンがいすの背に当たり、どきりとする。

無事検問が済むと国連キャンプ内へ。ここで再びパスポートチェック。国連の兵士がバスに乗り一人一人確認する。ふと、窓の外を見るとテニスコートで兵士が白砲弾らしき装具の組立練習をし、別の場所からはマシンガンが私達のバスを狙っていた(!)

パスポートチェックが終了すると、バスを下り国連施設内で署名&説明。日本人客が大半なのでメインの説明は日本語、英語客は後ろに集まり担当ガイドが遅れないように必死で説明していた。ちなみに署名とは「何があろうと国連、ツアー会社は責任を負わない」という内容。帰りに記念として書類をもらってかえった。ここからはツアーバスでなく国連バスで移動。カメラと貴重品以外は持ち込めず、ドライバーも国連スタッフに代わり、ガイドと一緒に銃を抱えた国連兵士も同乗。

バッジをつけガイドと一緒に2列に並んだ粛々と撮影ポイントへ。
e0007273_19404577.jpg

こうしてカメラを向ける私らを、
e0007273_19411120.jpg

北はこのビルから見てるのだとか。
e0007273_1941371.jpg

軍事停戦委員会の会談場所。一番右手、白が北側建物。青は国連建物。
e0007273_19441971.jpg

建物内部。黄色線の手前は国連サイド。向こうは北サイド。マイクワイヤが国境がわり。
中の兵士は微動だにせず。

緊張の会談場所見学が終わると、バスで移動し「帰らざる橋」へ。
e0007273_19484739.jpg

亡命者を出すわけにはいかない・・とバスからの下車はご法度。

バス乗り換え地点まで引返し、トイレ休憩&おみやげタイム。我先にと買いに走る日本人客に「しょうがないよ、日本人だもん」と英語客がぼそっとつぶやいてたが、このバスツアーの仕掛け人は他ならぬアメリカなのだけどね。(=ガイド談)

もとのバスに乗り込み、一路ロッテホテルへ。渋滞にもあわず日の高いうちにウルチロ到着。
[PR]
by rojineko | 2007-05-11 11:07 | Travel | Comments(6)
Commented by Kazu at 2007-05-13 14:26 x
ちょっとちょっとヤバそうな所だけど((;゚Д゚)オレシラナイ
兵士だとかマシンガンだとか白砲弾・・・
読んでるだけで緊張しちゃうよ~
でもそれが現実の世界なんだよね。
愚かな争いは一日も早く終わりにして欲しいですね。
Commented by minkwin at 2007-05-13 18:35
色々な写真で、私も旅行に行けた気分になりました〜!有難う(^^)
御疲れ様でした。
Commented by rucolaperla at 2007-05-13 20:15
一気に読ませていただきました。
韓流に乗れなかった私にとって韓国は未知の国でしたが、
本当に自分が旅行した気分になっちゃいました。
うん、韓国もちょっとおもしろそうだ。
Commented by rojineko at 2007-05-13 23:09
★Kazuさま
まあねえ、一応バスツアーなんて組んでいるくらいですから大丈夫なんでしょう。兵士さんたち、人が見てるとびしっとしてるんだけど、人がいなくなると歌うたってたりしてね。緊張感があるんだかないんだか。。。

でもやっぱり、日本は平和だなあと思いました。
Commented by rojineko at 2007-05-13 23:10
★minkwinさま
いえいえ、自分のメモがわりにブログを使わせていただいています。猫ネタがなくってごめんなさい。韓国って猫はねずみと同じくらいにしか見られてないらしいんですよ。可愛いのにねえ。
Commented by rojineko at 2007-05-13 23:12
★rucolaperlaさま
おもしろい・・・うん、まさにそう思います。近いけど遠い国、似てるけど違う国ってのがあたりです。食べ物も材料はすごく似てて、わかめも昆布も食べるんだけど食べ方がビミョウに違う。人の見かけも似てるけど向こうからは一目でわかるみたい。行ってみないとわからないもんですね。
<< マイブーム アンニョンソウル④ソウルタワー... >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

♪トンキの輪♪
Tonkinese Times
新アチャノツボ
Minkwin Cattery & Pretty Aki
もなかの庭
AOBA日記
maro*coco*momo
湖猫の日常
monkeyのブログ
トンキニーズぴとのまいにち
はくといとと。
Diary of Initial A Brothers

♪にゃんこの輪♪
猫まんまのひとりごと
おまけ猫との日常
★日がな一日シャム♪♪
SouthEast's Paradise
まめふくもちっ
しっぽナースの日常
うみにゃんとチェリンズ
笑福にゃん~ノルさんず
ねこむらみるくのひとりごと
ご縁がありました~もち兄弟日記
KuMay House
はくえいのおへや
てんてんち
ラテにゃん日記
ペドロ&モンタのお気楽な日々♪
るーだま
田舎暮らしde東京仕事
ネコ。ねこ。猫の子。よく寝る子
+beans+
リコねこ日和
とらたまくろむうこと的生活
♪ふわふわ~てくてく~もぐもぐ♪
What's Michael? That's Michael!
お空の上からエヘヘのへ コモモのたより
ももの樹。

♪鹿児島♪
ひびろぐ@ワンライフ
ビバ専業主婦!
三日坊主様in鹿児島
わん&にゃんずと一緒に

♪福岡♪
ネコすべな日々
さくら咲く黒猫さくら
☆Precious Nyan☆
◆ももるちんチ◆
まりもところものしっぽ

♪フィリピン♪
Happy Maniac


ゆづっちゃん ち→バロンが生まれたキャッテリーさん♪

今日も食べようキムチっ子クラブ→笑いの絶えない韓国家庭料理教室!

にほんブログ村 猫ブログへ
検索
記事ランキング
画像一覧