路地猫のひとり言

花散らし~草間彌生展

東京、花散らしの雨。
バロンは正しい猫しておりますww
e0007273_10172945.jpg
さて、今週は出不精の路地猫にしては
おでかけが多くって、更新遅れちゃいました。
あれこれネタはあるんですが、まずはすっごく楽しかった草間彌生展から。

e0007273_10160642.jpg
言わずとしれたポップアートの重鎮、水玉の女王の
一大回顧展が六本木の新国立美術館で開かれてましてね。

同時に開催中のミュシャ展とのコンボチケットを前もってネット購入していたので
まずは草間さんの方からと一人でさくっとお出かけです。
ミッドタウン方面からの入り口には
e0007273_10170178.jpg
こんな風に木に水玉の布が巻かれて
これだけですでにテンションアップ!
そして会場に入るとまずこの圧巻の展示。
e0007273_10163997.jpg
どーんと広い1つの部屋に
3方向の壁は絵画が天井から床までぎっしり。
部屋の真ん中にはポップなお花のアートが3つ、どーん。

思わず、「わー♪」と声をあげちゃいましたよ。
(ちなみにこの部屋は撮影OK)

路地猫が一番気になったのはこれ。
なんだかマックロクロスケに見えません?ww
e0007273_10163503.jpg

その後、若い頃の苦悶に満ちた絵から始まり、
おなじみの明るい水玉作品が続き・・・
中には星空の中を飛んでるような素敵なイルミアートもあり。
とにかくウキウキ。

会場を出たところにも水玉の小部屋があって
チケットを見せるとこんな水玉シールが渡されます。
e0007273_10165207.jpg
で、あとはご自由に~ってわけで小部屋のどこにでも好きに貼ってきていいんです。
e0007273_10164985.jpg
これは楽しいー!
まだぎりぎり春休みだったからか、平日でも家族連れがちらほら。
子供も大人も楽しそうにシールを貼ってましたよ。
e0007273_10165734.jpg
外国人の方も多かった。

で、ミッドタウン方面からのアプローチには水玉の木だったけれど
乃木坂方面のアプローチには有名なかぼちゃのオブジェ。
e0007273_10164390.jpg
中に入ることはできないんだけど、実は空洞になってるんですよ。

と、とにかく久しぶりに楽しい展示会でした。
お昼はミッドタウン地下の茅乃舎で
e0007273_10170989.jpg
おにぎりと汁物のセットランチ。
汁物は3種類から、おにぎりも4種類くらいから選べたかな?
わたしは九州の豚汁、雑穀米にぎり、生姜にぎりを選択。
美術館の半券を見せて1000円分の買い物をしたら、お出汁のパックがお土産にもらえちゃいました。
ミッドタウンでのお一人様ランチは浅野屋のイートインが定番だったけど、
1月に閉店しちゃったから、これからは茅乃舎のおにぎりランチになりそうだわ~。

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー


[PR]
by rojineko | 2017-04-08 10:32 | Diary | Comments(8)
Commented by コモモおかあちゃん at 2017-04-08 13:01 x
路地猫様

こんにちは♪
おとさんとの暮らし、落ち着きましたか?

草間さんって、写真だけでも凄まじいパワーを感じます。

東京はいろいろイベントがありますね~♪
こちらの春のイベントと言ったら『春掘り』(溝さらい)ですよ~♪
Commented by シュガーバイン at 2017-04-09 21:57 x
見える見える。まっくろくすけ(*´▽`*)
可愛い水玉も草間さん作品は迫力あるね~

バロンちゃん猫の中の猫のお姿♡
Commented by ronmama at 2017-04-10 16:23 x
松本に行った時 水玉のバスが走ってましたよ^^;
Commented by rojineko at 2017-04-10 19:33
★コモモおかあちゃんさま
んー、なかなか~(苦笑)

草間さんは日本人だけでなく海外の方にも人気が高いので、この日も明らかに日本人に見えない方が多かったです。
「春堀り」?ふふ、それもまた一興。
Commented by rojineko at 2017-04-10 19:34
★シュガーバインさま
見えるやろ?
この絵の前で写真撮ってる親子連れ多かったわ。
初期の作品はすごーく暗いんだけどね。

寝てる猫見てるとこっちも眠くなる・・・
Commented by rojineko at 2017-04-10 19:36
★ronmamaさま
松本市美術館に作品多いんだよね。
水玉のバスかー。どっちかといえば猫バスに乗りたいが(笑)
Commented by desire_san at 2017-05-15 22:07
こんにちは・
私も「草間彌生展」を見てきましたので、ブログを楽しく拝見しました。草間彌生さんは原色の輝かしい色彩を独自のデザインで調和していて、想定世界で暮らしてみるのも時には楽しいのではと思いました。草間彌生さんは色彩感覚とは鮮烈で、躍動感のある世界はすごいと思いました。

私は草間彌生さんの美術とはある意味では真逆の美の世界といえる、ウィーン世紀末のクリムトとエゴン・シーレの代表的な作品をウィーンで観てきましたので、その魅力と美の本質を作品ごとに整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。
Commented by rojineko at 2017-05-16 09:38
★desire_sanさま
コメントありがとうございます。
難しいことは考えずに、ただぼーっと観るだけですが、楽しい展示会でした。
次はミュシャかな!
<< 登頂~ 新年度スタート >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
★ronmamaさま ..
by rojineko at 18:04
ロンちゃんもあごにきび ..
by ronmama at 09:17
★ronmamaさま ..
by rojineko at 11:33
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧