路地猫のひとり言

リスニングテスト

ライブドア騒動がまだまだ続いてますが、話はおとといの大学入試センターのリスニングテスト。

今年から初めて導入されるってんでメディアの注目集めてましたが、やっぱり問題続出でしたね。

機械が故障してて聞こえなかった、機械の使い方がわからなかった、監督官の采配がまずかった・・・などなど。

大体、50万台もあったら普通はそのうち数パーセントは故障があるもんだ、って思わないですかね?トラブルがあったあとの入試センターの担当者の「機械に故障が出るはずがないと考えていました」ってのは信じられませんわ。

機械の使い方にしたって、いくら機械慣れしてる若者ばかしっていっても試験の緊張感の中で初めて使う機械だよ。考え付かない行動をとったって当たり前だと思うし。

故障してた機械に当たった受験者はその日の日程が全部終了してから居残りして再テストを受けたという話だけど、朝からずーっと数科目の試験を受けてきて疲れているところでまた試験なんてなー。翌日に備えて最後の追い込みしたい人とか、ゆっくり休みたい人とかいただろうに。

これなら他の英語試験のようにオープンスピーカーで流した方が良かったんじゃないのかしらん。
e0007273_10135124.jpg

これが問題のプレーヤー。下のメモリカードを入れると再生される。一度再生が始まると途中で止めたり、巻き戻したりすることはできないらしい。
[PR]
by rojineko | 2006-01-23 10:12 | Diary | Comments(3)
Commented by momoe at 2006-01-23 18:37 x
受験生たちは相当な緊張の中でこれを扱うわけなんだから、受け入れ側は色々な状況を想定してくれてないとねぇ。
機械は壊れるものなのよっっ・・・だよ。(笑
Commented by rojineko at 2006-01-24 08:38
そうそう!壊れない機械なんてありえないっ!河合塾とか大手の予備校は同じ(だか似たような)機械を大量購入して受講生に練習させてたそうですよー。
Commented by momoe at 2006-01-24 19:37 x
ほぉー
さすが大手は違うねぇ。
そういうのも受験対策ってわけよね。
<< 容疑者・ホリエモン 一夜明けて >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧