路地猫のひとり言

2度目の手術

(コメント欄閉じております)
バロン、今日の午後2度目の手術を受けました。
おしっこの出をよくするための手術です。

e0007273_21000617.jpg
これは今日の朝、手術の前に面会に行った時のもので、
昨日受けた透析で腎数値が下がっているせいもあって、とても元気。

e0007273_21000458.jpg
2号(♂)の背中によじ登ってみたりもしておりました。

が、さすがに夕方、手術の後の面会では痛いんでしょう。
ICUの中でつらそうにしており、
見ているこっちがいたたまれなくなり・・・

どうぞ縫合した傷がきれいにくっつきますように。

***
突然の手術報告で驚かれたと思いますが
膀胱切開で膀胱内の砂や石を取り除いたあとも
腎臓から砂が流れてきて、おしっこの出にくい状態が続いておりました。
デイケアになってからは、毎日のようにカテーテルでおしっこを抜いてもらわないと
夜も眠れない始末。

反面、先週土曜日の透析の後、強い抗生物質の効果もあったのか
腎数値が落ち着きを見せてきていて、水曜日に予定された透析も延期。
おしっこの比重も正常の子ほどではありませんが、少しずつ高くなってきていて。

家でもタワーに上ったり、カリカリを自分から食べたり、
いつものバロンの様子が見られるようになったりして。

ところが、金曜日、数値の安定を期待してデイケアで検査をすると、腎数値が再び急上昇。
見かけの体調の良さとあまりにもかけ離れた数値でした。
おしっこの比重は低くなっていません。そして尿閉を示すカリウムの数値が高い。

すぐにかかりつけの先生が透析担当の先生と連絡をとってくれて、
これは、腎臓は機能を取り戻しつつあるのに
おしっこの詰まりが腎臓に悪影響を及ぼしているのではないかと。

その後、夕方、迎えに行ったときには
さらに執刀医の院長先生とも連絡がされていて
土曜日にセンターで透析、体調の回復を待って(透析は非常に疲れます)日曜の午後に
おしっこの出がよくなる手術(「会陰部尿道瘻形成術」)の流れでいきましょうと。

土曜日の透析のあと、日曜朝の数値はこれまでないほどに低く安定。
おしっこの比重も落ちてません。
が、念のため、透析用のカテーテルは残した状態で手術となったという次第です。

今日より明日、明日より明後日と
順調に傷がくっついてくれますように、と
今はただ祈るばかりです。

[PR]
by rojineko | 2016-09-25 21:20 | Health(腎臓)
<< 面会 つれづれ >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
★NYAROさま てへ..
by rojineko at 11:27
★ソラパパさま 悩んだ..
by rojineko at 11:26
にゃんと!バロン様、おに..
by NYARO at 10:13
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧