路地猫のひとり言

豪勢なお帰り


米国で行方不明になったネコが約1か月後にフランスで見つかり、無事に飼い主の元に戻った。

 奇跡的な帰還を果たしたのは、米中西部ウィスコンシン州アプルトンに住む一家が飼っていた雌ネコのエミリー。9月下旬に姿を消したままになっていたが、10月24日、フランス北東部ナンシー郊外の工場でやせ細った姿で見つかった。身元は首に着けていた標識から判明したという。自宅近くの製紙会社配送センターでコンテナに迷い込み、そのまま船で大西洋を渡ったらしい。

 発見されたネコはすぐに元気を回復。1か月の検疫期間を終えた後、航空会社が提供したビジネスクラスの席に座って空路帰国し、1日に飼い主と再会した。

****
ビジネスクラスでお帰りとは豪勢ですなーー。
しかし、この映像から「やせ細った」という感じは全然しないのだけど。
1ヶ月の検疫期間の間にたらふく食べたのでしょうか?(笑)

それにしても実家の猫にそっくりです。
[PR]
by rojineko | 2005-12-04 18:10 | Diary | Comments(2)
Commented by 猫まんま at 2005-12-04 22:42 x
途中で発見されたのでしょうか・・・?
よかったねーーーーーーーー!!!!!!!!
Commented by rojineko at 2005-12-06 09:51
フランスについてから見つかったらしいよ。
<< 今度は・・・ ハングルランチ >>



12歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。この秋まさかの新入り登場です
以前の記事
最新のコメント
おう^0^12年前のバロ..
by ronmama at 14:05
12年を経て繰り返す。な..
by ソラパパ at 04:53
あはは( *´艸`) ..
by Mew at 22:18
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧