路地猫のひとり言

もうちかれたのーー!

今年はじめの病院デー。
3ヶ月ぶりの心臓超音波に加えて、1年ぶりのレントゲン+血液検査があったので・・・

e0007273_17595794.jpg

よう寝ちょります(笑)



レントゲンと血液検査が加わると前日夜からの"断食"が入るしね。
(これはしつこくご飯をねだられる飼い主も大変なのだがね)

今日は予約できる午後の時間帯に2号(♂)の予定があったので
朝1番に預けて2時間くらいしてからお迎えにいきました。
結果・・・うーん、実はビミョーです(涙)

心臓の方は3ヶ月前に悪化したと思われたFS値(心臓をどれだけ頑張って使っているか)は正常値に戻っていて、「やっぱり3ヶ月前のは嫌がって興奮したからですねえ」だったし
レントゲンでも超音波でも大きな変化はないんだけど。

血液検査でグルコース(血糖)とALKP値が異常値でした。グルコースの方は猫さんはストレスで簡単に上がるそうなのでおそらく大丈夫として、ALKP?
骨系統に異常があったり、胆管・胆嚢系統に異常がある場合(胆石とか)に高くなるらしいです。
むむむ・・・
一般的に肝臓が悪いときに高くなるALTは正常値なんですけどねえ。

バロンさん、前日からの断食と3つの検査ですでにストレスMAX、「おうちかえうーー!」モードに入ってましたのでALKPについてはまた次回採血してみて高かったら腹部超音波をしてみるということにして帰ってきました。
飼い主(=路地猫)が胆石もちだからって猫までならんでもいいのよ~(涙)

e0007273_188559.jpg

せっせ、せっせ
「病院の臭いをとらんと!」

にほんブログ村 猫ブログ トンキニーズへ
にほんブログ村
さすがに検査3つも重なるとお代もそれなりに・・・・
ペット保険入っててよかった~
[PR]
by rojineko | 2010-01-23 18:10 | Health(心臓・ダイエット) | Comments(10)
Commented by tonkioyaji at 2010-01-23 22:55
お気持ち、痛いほど解ります。
結論的にはALKPだけが高かったようですね。
実は青葉も一昨年の12月~昨年の7月までずっと190~200(正常値130以下:なお正常値は計測機器メーカーによって異なります)で推移していました。
が、昨年の8月からは正常値に戻っています。
ご飯をl/d(肝臓サポート)に変え、肝機能と胆機能を向上させる薬を服用し始めたせいかどうかは解りませんが。。。

バロン君の場合、ALTとASTが正常値であれば、肝臓と胆嚢については一安心というところでしょうか。。。
ちなみに青葉は、徐々に低くはなってきましたが、ALTもASTも毎月正常値を超えています。
バロン君のALKPの数値が一過性であることを心からお祈り申し上げます。

PS:もう動画、観れますよ~、ご指摘、感謝です<(_ _*)>
Commented by こごママ at 2010-01-24 01:08 x
バロンちゃんも路地猫さんもお疲れ様です。
こういう健康診断は本当に身も心も疲れますよね。
それにこごろっちと比べるといろんな検査をするんですね。
それじゃバロンちゃんも疲れるわけですよね。
わたしはこの数値をきいても良く理解できないのですが、
tonkioyajiさんはよい理解されているようですね。
猫の病気でいろんなこと勉強して妙に詳しくなっちゃいますよね。
わたしも腎臓関係の数値や意味について大分勉強しました。

一過性の数値であることをわたしも祈ってますね。
Commented by rojineko at 2010-01-24 09:29
★tonkioyajiさま
詳しいコメントありがとうございます。青葉ちゃんも問題ありだったんですね・・・。今回のバロンの数値はALTは68で正常値です。(ASTは記載がありません)が、ALKPが昨年の79から128へ上がっているのが気になるそうです。かれこれ1年、血栓ができにくくなる薬を飲み続けているので、体の別の場所が疲れてきても仕方ないのかもしれないな~とも思うんですが新たな病気じゃないことを祈るばかりです。もちろん、病気があったってバロンがバロンらしく脳天気な生活を送れるようにサポートするつもりですが・・・。
病気を早期に発見して長生きさせてあげられるとはいえ、せつないですねえ、健康診断って。
Commented by rojineko at 2010-01-24 09:36
★こごママさま
昔は健康診断は「どこも悪くないですね」というお墨付きをもらえるもんだと思っていましたが、最近は猫も人も「やっぱりどこか悪いのね」と思わされることが増えました。慣れたとはいえ、やっぱりせつないです。私もALKPという数値はこれまで気にも留めていなかったので胆嚢や胆管と聞いて驚きました。帰宅していろいろ調べたら猫が胆石になるケースは少ないようですが、胆汁が泥のようになる病気があるようです。
でも、病気の猫さんと暮らしているのはうちだけじゃないんですよね!みんな猫さんが楽しく猫さんらしく暮らせるようにがんばっているよね。ファイトー!
Commented by ronmama at 2010-01-24 16:57 x
お疲れ様でした・・・
療養食とかで 改善されればいいのにね~・・・
次回の検査で 正常に戻ってる事 祈ってます。
Commented by りっち~ at 2010-01-24 22:33 x
バロンちゃんも路地猫さんもお疲れ様!
ご飯催促されるのつらいでしょう・・
バロンちゃんも断食えらかったね!!

血液検査で数値が高いとすごく凹むというか
気になりますよね・・
でもまだ一回の検査だし、次回の検査では数値が
下がっているように私も祈っていますよ。
だってほら心臓は正常値に戻ったしね!
「大丈夫大丈夫!!」
不安になるといつも私がきららにかけている言葉です。
これで本当に大丈夫になるから不思議・・
言霊ってあると思います。
Commented by Emi at 2010-01-25 16:01 x
心臓の結果が悪くなかったのは喜ばしいですが・・・
次回検査で数値が下がってるよう祈ってます。
バロンくん、お疲れ様。
次の時はあんまりストレス感じないで病院に行ってね。^^;
猫も病院に慣れてくれたら楽なんですけどね。^^;
ウチも行く度に大量の抜け毛で大変な事になります。
Commented by rojineko at 2010-01-25 16:15
★ronmamaさま
ありがとうございます。ほんとにね、食事や薬で改善するものならば気が少しは楽なんですけどね。次回の病院がどっきどきですわ。
Commented by rojineko at 2010-01-25 16:19
★りっち~さま
ありがとうございます。そうですね、「大丈夫だよ」って誰かに言ってもらえるだけでどれだけ気分が楽になることか・・・
私もいつもなら「たかが一回の検査で」と思うのですが何せ心臓のことがあったので「また?」と思ってしまうんですよね。
考えたって仕方がないんですけど。
Commented by rojineko at 2010-01-25 16:21
★Emiさま
そっか、Emiさん家のにゃんずは抜け毛ですか~。
超音波とかあるときには「少し預けてもらった方が猫ちゃんが落ち着きますから」って言われるんですけど、バロンの場合は病院ってとこにいるだけで緊張しつづけてると思うんですよね。どうしてもワンちゃんの臭いや声がしてますし、家に比べると病院って寒いし。
邪魔にならない程度で検査しているときに同席できたらなあ~といつも思います。
<< さあ、起きた起きたっ! 悪い子はこうだ! >>



11歳のむっちりトンキはドンくさい?!飼い主は遊牧民族。名古屋、京都、東京、マニラ、鹿児島、福岡と住んだ土地は数知れず。秋田と東京のバラバラ生活がやっと終わり、2人+1匹の東京ライフが再開です。
以前の記事
最新のコメント
おぉぉぉ(≧▽≦) ち..
by Mew at 11:23
★シュガーバインさま ..
by rojineko at 17:32
にゃに??この展開❤ ..
by シュガーバイン at 20:50
カテゴリ
検索
記事ランキング
画像一覧